メニュー 閉じる

ワキ脱毛でワキ汗が増えるの?

ワキ脱毛でワキ汗が増えるの?

医療レーザー脱毛でワキ汗が増えることはない!

「ワキ脱毛をすると、ワキ汗が増える」という説を聞いたことはありませんか?しかし、脱毛用の医療レーザーを照射することで、汗が排出される汗腺に影響を及ぼすことはありません。そのため、ワキ脱毛をしたからといって、ワキ汗が増減したり、ニオイが強くなったりすることもないのです。

また、ワキ脱毛をすると、汗を原因とするニオイの問題・ワキガが改善する、という説もありますが、汗腺に影響がないということは、ワキガの治療効果ももちろんないと言えるでしょう。ただし、ワキ脱毛を行うことでワキが清潔に保たれるため、ワキ毛と汗によるムレが原因のニオイや不快感は軽減されたというケースもあるようです。

このようなメカニズムをご説明するためにも、今回はワキ脱毛とワキ汗の関係性について、詳しくご紹介したいと思います。

ワキ脱毛をすると、ワキ汗が増える説の真相

ワキ脱毛をしても、汗腺には影響を及ぼさない。ではなぜ、「ワキ脱毛をすると、ワキ汗が増える」という説がささやかれるのでしょうか?

その根拠について、このように考えられています。
「汗をブロックする存在がなくなったから」

本来ワキの下の汗にとって、ワキ毛は防波堤のような存在をしています。汗腺から分泌された汗は、ワキ毛により一旦ブロックされるわけです。

そして防波堤の役割をするワキ毛がなくなると、汗は皮膚に流れるのみです。つまり、汗を引き留める存在がなくなったことで、汗がダイレクトに皮膚へと流れ、汗の量が変わらなくても多く発汗されているように感じるのではないでしょうか。

また、これまでワキ毛に吸収されていた汗が肌へ直接伝わると、衣服へワキ汗がいきわたる量が増えたように感じることもあります。すると、汗の量ばかりか、衣服についたニオイが以前よりも気になることで、「ワキ汗のニオイが強くなった」と感じることもあるようです。

ワキ汗を気にしすぎても、汗は増える

「ワキ脱毛をすると、ワキ汗が増える」実はこの説を気にしすぎることも、汗を増やす原因になると考えることができます。
なぜなら、そのように考えること自体が精神的な負担となる場合があるためです。
そもそも汗の主な働きは、体温を調整することです。そのため、暑いときや発熱時に汗がでる、というのは何ら問題のない生理現象と言えるでしょう。
しかしそれとは別に、緊張や不安を感じたときにも、汗が出やすくなります。これを「精神性発汗」と言い、緊張や不安により自律神経が乱れることで、発汗のコントロールに影響がでるものと考えられています。

そして、「ワキ脱毛をしたから、ワキ汗が増えるかもしれない」、そう考えてワキ汗を過剰に意識することも「不安」や「ストレス」に繋がります。また実際にワキ毛がなくなることで、皮膚を伝う汗を感じやすくなることでも、「汗が増えた」と感じ、不安を助長させることとなるかもしれません。

つまり、「ワキ脱毛をしたら、ワキ汗が増える」という説自体が、「精神性発汗」の要因となる可能性が考えられるため、この説に振り回されてはいけません。
メカニズムによる根拠を持って、断言できます。医療レーザー脱毛が、ワキの汗腺に影響を及ぼすことはありませんので、安心してくださいね。

ワキ脱毛後は、ニオイが軽減されるケースもある

ワキの下には、体温を調整する汗が発汗される「エクリン腺」の他に、精神性発汗による分泌が多い「アポクリン腺」があります。

基本的に無色・無臭のエクリン腺からの発する汗に対して、アポクリン腺から発する汗はタンパク質、アンモニア、鉄分などの成分が含まれるため、皮膚に存在する常在菌や皮脂と合わさることで、ニオイを発するというのも特徴的です。

一方ワキの下にワキ毛があると、エクリン腺から分泌される汗はもちろん、アポクリン腺から分泌される汗もワキ毛に付着し、ムレによりニオイを作りだす細菌を増やす可能性も高まります。そしてその反対にワキ毛がなくなると、ニオイの根源となる汗を溜めこむことはなくなるので、ニオイも軽減されることでしょう。

ただし、たとえワキ毛がなくなったとしても、毛穴は引き締まることなく残っているので、清潔が保たれなければ、皮脂や垢が毛穴に蓄積することも考えられます。
すると、汗と合わさりニオイへと変化する可能性が高まるばかりか、毛穴に皮脂が蓄積することが刺激となり、体を守るための働きとして汗の分泌を促してしまうこともあります。

そのため、汗のニオイ、量を軽減させるためにも、清潔を保つことは必須ケアと言えるでしょう。

ワキ脱毛後のワキ汗対策

ここまで、「ワキ脱毛をすると、ワキ汗が増える」説について、否定するお話をしてまいりました。

ポイント

このように、ワキ脱毛はワキ汗に対して悪影響を及ぼすばかりか、良い環境に整えるというメリットもあります。

とはいえ、ワキ脱毛でワキ毛がなくなることで、清潔を保ちやすくなる半面、ダイレクトに皮膚や衣服に伝わるワキ汗は、少し面倒に感じるかもしれません。
そこで、ワキ脱毛後のワキ汗対策について、考えてみましょう。

まず、ワキ汗の量やワキの下のニオイに影響を及ぼさないためにも、ワキの下は清潔を保つことが大事なポイントとなります。ただし、ワキ毛がなくなることで、お手入れがしやすくなることは確かです。ワキ汗が出ていると感じたら、清潔なタオル、ハンカチなどで汗を拭き取りましょう。

次に、流れる汗を制限するためには、制汗剤を上手に使うことが有効的です。その際、制御しきれなかった汗で流れやすいスプレータイプではなく、ロールタイプやクリームタイプなど肌に直接塗り込めるタイプの制汗剤を使用することをお勧めいたします。また一日のはじめに1回塗るだけではなく、日に何度かこまめに塗り直すことも制汗剤を上手に使いこなすコツだと言えます。

ただし、制汗剤をこまめに塗っていても、多くの汗が流れてくるという場合、多汗症の可能性があるかもしれません。その際は、ぜひお気軽に当院までご相談くださいませ。

当院では、ボトックス注射による多汗症治療も行っています。脱毛と並行して多汗症治療を進めることも可能です。

またワキ脱毛について、ワキ汗やニオイの問題以外にも不安な点があれば、こちらもお気軽に当院にお尋ねください。患者様のご意見を大切にする当院では、どんな些細なことでも丁寧に回答させていただきます。


先頭へ