メニュー 閉じる

医療脱毛の効果の高さを部位ごとに解説

医療脱毛の効果の高さを部位ごとに解説

せっかく医療脱毛をするのだから、効果のある施術を受けたい…


価格の比較的安価な永久脱毛を目指して医療脱毛を検討する方は多いでしょう。同じ医療脱毛でも、脱毛する部位と機器との相性によって個人差が生まれます。効果を得るためには、脱毛する部位にあった機器を適切に使い分けることで効果が左右されます。


医療脱毛の効果について


一般的にエステサロン脱毛に比べて、医療脱毛は効果が高いというイメージが定着しています。実際、脱毛完了後毛が生えてこなくなる永久脱毛は、医療脱毛にしかできません。つまり、より高い効果を期待する場合には医療脱毛を検討することになるでしょう。


しかし、エステサロン脱毛と医療脱毛の効果の違いについて、分かりにくい部分があります。いったいどのような点に違いがあるのでしょうか。


脱毛の効果の鍵を握るのは、使用する脱毛機器の違いです。医療脱毛では、エステサロン脱毛と比較してパワーの強いレーザー機器を使用して脱毛を行います。強いレーザーで毛根細胞を破壊するため、医療脱毛は医療行為として行われ、施術するのは医師でなければなりません。一方、医師がいないエステサロンでは、パワーの弱い機器でないと使用できません。


部位ごとの効果の違い


では、高い脱毛効果を得るためには、ただひたすらパワーの強い脱毛機器を使えばいいのでしょうか?
その答えは「NO」です。というのも、脱毛部位によって肌質・毛質が異なるため、それぞれの部位に合わせた機器を使い分ける必要があるからです。


例えば、いくら強力なレーザーでも、黒いメラニン色素に反応する仕組みのものだったら顔の色が薄い人の産毛には効果がないですよね。
これは極端な例ですが、同じ機器でもその人の毛質などによって効果はまちまちです。そこで、それぞれの部位に合わせた機器選びが重要になります。


ここではまず、レーザー機器の特徴を解説するとともに、どの部位にどんなレーザー機器が適しているのかを簡単にご紹介していきたいと思います。


医療脱毛部位ごとの効果

顔の医療脱毛の効果について


施術時間・効果の表れる回数



顔の医療脱毛の効果

顔に産毛が生えていると、化粧のノリが悪くなったり顔色がくすんだ印象になったりと憂鬱なものです。かといって顔というデリケートな部位なので、自己処理もためらわれます。


そこで医療脱毛の出番です。顔の脱毛というと少し怖いような印象を受けるかもしれませんが、施術時間は比較的短く、全顔脱毛でもおよそ10〜15分程度で済みます。
ただし、産毛や細い毛に対する施術となりますので、濃い毛に比べると効果を感じられるようになるまでには長い期間が必要となります。目安としては、自己処理が必要なくなるまでにおよそ8回程度の施術を受ける必要があるでしょう。



効果の高いレーザー機器


顔は敏感な部位なので、痛みの少ない蓄熱式のダイオードレーザーが向いています。医療レーザーの多くは、メラニン色素の黒色に反応するメカニズムを持っているので色素の薄い顔の毛には向きませんが、ダイオードレーザーは照射する範囲をまんべんなく温め、毛包という毛を作る器官にダメージを与えて脱毛する方法なので、産毛にも対応します。
蓄熱式ダイオードレーザー脱毛器の一般的な種類としてはライトシェア・デュエット、メディオスターNeXT PRO、ハヤブサ、ソプラノ、ソプラノアイス、ソプラノアイスプラチナムがあり、肌色を問わないので日焼けした方でも施術が可能です。


レーザー機器による施術の特徴


ダイオードレーザー脱毛器の大きな特徴は、メラニン色素の黒い部分に集中的に強い熱を加えるのではなく、やや弱い熱を照射面全体に加えることによって脱毛する点です。照射面は他のレーザー機器よりも広く、長方形で照射漏れが起こりにくいメリットがあります。また、レーザーの照射時間が短く、肌へのダメージが抑えられるのも特徴です。
肌や毛の色によって、どの波長のレーザーが効果的かが変わります。一般的に波長が高いほど肌の深くにまで到達しますので、ダイオードレーザーの場合は波長の長さは800〜940nm程度で、日本人に多い肌色・毛色を広くカバーします。


痛み・副作用


顔は痛みを感じやすい部位なので、痛みの少ないレーザーを使用する必要があります。
また、顔はニキビや毛嚢炎などの肌トラブルが起こりやすい場所でもあります。
そのため、顔の脱毛ではレーザー機器や照射する波長の選択が重要となりますので、経験豊富な医師に施術してもらう必要があります。


ワキの医療脱毛の効果について


施術時間・効果の表れる回数



ワキの医療脱毛の効果

ワキは自己処理ではなかなかうまく脱毛できない部位ですので、脱毛部位の中でも人気の高い場所です。そのため、エステサロンなどではお手頃な価格で目玉プランとしてよく使われています。
ワキは照射する面積がそれほど広くないので、施術時間は両脇合わせても5~10分程度で済みます。また、脱毛効果が比較的出やすい部位のため、5回ほどの施術で自己処理がいらなくなる程度の効果を期待できるでしょう。さらにツルツルを目指したいのであれば、6回以上の施術がおすすめです。



効果の高いレーザー機器


ワキの脱毛には、脱毛効果の高いアレキサンドライトレーザーが向いています。アレキサンドライトレーザーはメラニン色素に選択的に吸収されやすい波長のレーザー光を照射するため、固く濃い毛であるほど効果が高くワキの毛に適しています。ただし、ダイオードレーザーに比べると痛みは強くなりますので、その点だけは注意が必要です。
代表的な脱毛器の種類は、アメリカのシネロン・キャンデラ社のジェントルレーズ、ジェントルレーズプロがあります。これらの機器は導入クリニックが多く、ワキ脱毛といえば普通はアレキサンドライトレーザーを使用することになります。


レーザー機器による施術の特徴


アレキサンドライトレーザーは、メラニン色素に選択的に吸収されやすい755nmの波長のレーザーを照射します。メラニン色素を多く含んでいる毛、つまり黒い毛に吸収されたエネルギーが熱に変換され、その熱によって周囲の毛の組織を破壊することで脱毛します。
照射面は楕円形でやや打ち漏れが起こりやすくなりますので施術の際には熟達した医師にやってもらうと安心です。
脱毛効果は非常に高く、たった1回でも毛が薄くなったことを実感できるケースもあるほどです。また、波長が小さく肌の浅い部分に働きかけますので、シミ取りや美肌効果といった嬉しい副次効果も期待できます。


痛み・副作用


アレキサンドライトレーザーは、メラニン色素の黒色にエネルギーが集中するため、太い毛に効果が高い一方で、痛みが多少強いという特徴があります。しかし、照射面のすぐとなりには肌を冷却する装置が付いていますので、それによって痛みはだいぶ軽減されるでしょう。
また、レーザー波長の特性上、色が薄すぎる産毛や、毛との色のコントラストが弱い日焼けした肌には不向きです。


腕・脚の医療脱毛の効果について


施術時間・効果の表れる回数



腕・脚の医療脱毛の効果

腕・脚は他人の目に触れやすい場所ですので、ムダ毛が生えていると気になってしまうものです。また、面積が広く自分では見えにくい場所も多いので、自己処理が難しい部位でもあります。
腕・ヒザ上・ヒザ下を全て脱毛する場合、面積が広くなりますので施術時間はおよそ30~40分ほどかかります。


また、自己処理がいらなくなるまで10回程度の施術(ヒジ上5回・ヒジ下5回)(ヒザ上5回・ヒザ下5回)が必要となり、それなりに長い期間がかかります。さらにツルツルにしたいなら10回以上の施術が必要なこともあります。腕・脚の医療脱毛を検討している場合は早めに取り組むと良いでしょう。
また、足の場合は足全体のコースがあるクリニックを選ぶとよいでしょう。



効果の高いレーザー機器


腕・脚と一口にいっても、面積が広いため、生えている毛質や太さ、肌の日焼けの度合いなどが、部位によって異なります。そのため、肌質や毛質によって、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーを上手に使い分けることが脱毛効果を左右します。
例えば腕では、ヒジ上はメラニン色素が少なく産毛も多いので、ダイオードレーザーが向いていますが、ヒジ下はメラニン色素が多いので、アレキサンドライトレーザーがよい場合があるでしょう。


脚はメラニン色素が多いのでアレキサンドライトレーザーが向いていますが、日焼けしている場合はダイオードレーザーの方が効果的です。また、痛みが気になる人も、ダイオードレーザーが適していると思われます。


レーザー機器による施術の特徴


アレキサンドライトレーザーは、現在照射ヘッドが広い機種が出回っていますので、20~30本ほどの毛を一気に処理できます。しかし、照射ヘッドが円形で、照射漏れがやや起こりやすくなりますので経験豊富な医師に任せると安心です。


一般的なアレキサンドライトレーザーであるジェントルレーズは、パルス幅は3msと短く、瞬間的なパワーが強く、施術時間も短いのが特長です。
一方、ダイオードレーザーは照射時間が短く、肌へのダメージが抑えられます。また、毛周期に左右されず施術が可能というメリットもあります。痛みが少なく、パルス幅は10~1350msの範囲で選択できるので、部位に合わせた数値を選択できるメリットがあります。


痛み・副作用


産毛の多いヒジ上などでは、アレキサンドライトレーザーを使うと、施術前よりも毛が太く硬くなる「硬毛化」現象が起きるリスクがありますが、蓄熱式のダイオードレーザーを使えば硬毛化を防ぐことができるでしょう。
また、ヒザ下などのメラニン色素が多い部位はアレキサンドライトレーザーの効果が高い部位でもありますが、レーザーの特性上痛みを感じやすくなってしまいます。その場合には、冷却装置の付いたアレキサンドライトレーザーを使えば安心です。


お腹・背中・胸の医療脱毛の効果について


施術時間・効果の表れる回数



お腹・背中・胸の医療脱毛の効果

お腹や背中、胸のムダ毛は、服を着ている時にはわからないものですが、デコルテの開いた服や水着になった際などに気になるものです。特に背中は、自分で見えない上に手も届かないので自己処理もなかなかできず、常にムダ毛の不安を抱えてストレスになっている方も多いでしょう。そんな不安を解消するのに、医療脱毛は有効な手段です。


お腹・背中・胸の脱毛は、面積が広いので施術には30~40分ほど時間がかかります。お腹や胸は元々の毛の多さや色の個人差が大きいので一概にはいえませんが、目安としては自己処理がいらなくなるまで5回程度の施術が必要でしょう。背中の場合はもう少し多く、8回程度施術を受ける必要があります。さらにツルツルにしたいなら8回以上、背中は10回以上の施術がおすすめです。



効果の高いレーザー機器


お腹や背中、胸に生える毛は基本的には細い毛や産毛が多いので、蓄熱式のダイオードレーザーが最も効果的です。
しかし、お腹や背中、胸に生える毛の濃さは個人差が非常に大きいので、毛が濃い人に対してはダイオードレーザーよりもメラニン色素の黒色によく吸収されるアレキサンドライトレーザーを使うと効果的でしょう。レーザー機器を限定せず、個別のケースごとに対応していくことが大切です。


また、お腹や背中、胸の毛は細い毛が多いため、どうしても硬毛化のリスクが付きまといます。もし硬毛化してしまった場合や処理しきれなかった場合には、ヤグレーザーの使用を検討すると良いでしょう。


レーザー機器による施術の特徴


ダイオードレーザーは照射時間が短く、肌へのダメージが抑えられることが大きな特徴です。また、毛の生え変わりのサイクルである毛周期に左右されず施術が可能であるというメリットもあります。痛みが少なく、パルス幅は10~1350msの範囲で選択できます。お腹や背中、胸は毛の質にばらつきがあるのが普通ですので、部位に合わせた数値を選択できるのは大きなメリットになります。
アレキサンドライトレーザーは、現在照射ヘッドが広い機種が出回っていますので、20~30本ほどの毛を一気に処理できます。しかし、照射ヘッドが円形なので、照射漏れがやや起こりやすくなりますので経験豊富な医師に任せると安心です。


痛み・副作用


お腹や背中、胸の毛の多くは細いため、痛みは少ないですが、手足などに比べると皮膚が薄いため、骨に近い部分では痛みを感じることがあります。もし、施術中に痛みがあれば、遠慮せずに医師に伝えて調整をお願いすると良いでしょう。
また、細い毛や産毛が多いですので硬毛化する可能性があることも頭に入れておいてください。硬毛化を防ぎたい場合は、出力の高いレーザーを使用するなどの対策をとります。


また、照射する範囲が広いので施術時間が長いことも、デメリットの一つといえるでしょう。


Vライン(VIO脱毛)の効果について


施術時間・効果の表れる回数



Vライン(VIO脱毛)の医療脱毛の効果

VIOラインの悩みを抱える人は意外と多いものですが、人に見せるのが恥ずかしいデリケートな場所なので、自己処理で済ます、もしくは泣く泣く放置しているという方が多いです。しかし、最悪の場合間違った自己処理でかぶれてしまったり毛穴が目立つようになっても誰にも相談できずに一人悶々と悩んでしまうことがあります。そうならないためにも、医師がしっかりとケアしながら進める医療脱毛はおすすめです。


VIO脱毛とまとめられがちですが、実はその中でも、VラインとI・Oラインの効果は異なります。ここではまず、Vラインの医療脱毛について見てみましょう。
Vライン脱毛の施術時間はおよそ10~15分と、比較的短いです。自己処理がいらなくなるまで5回程度の施術が必要で、さらにツルツルにしたいなら6回以上がおすすめです。



効果の高いレーザー機器


Vラインはワキと同様に硬く太い毛が多いので、メラニン色素の黒に吸収されるアレキサンドライトレーザーが向いています。毛が太いので効果が高く、早くに効果を実感することができるでしょう。しかし、Vラインは毛が太い上に皮膚が薄いので、アレキサンドライトレーザーだと痛みを強く感じる場合もあります。照射した部位を即座に冷やす冷却装置がヘッドについている機種ですと、ある程度痛みを軽減することができるでしょう。


しかし、痛みがあまりに気になるという場合にはダイオードレーザーを使用することも検討します。ただし、ダイオードレーザーを使ったからといって痛みが完全になくなるわけではありません。


施術の特徴・メリット


Vラインの脱毛は近年人気の施術です。医療脱毛することで、水着を着た時や温泉に行く際など、ハミ毛を気にしなくて済むでしょう。医療脱毛はサロン脱毛と違って永久脱毛できますので、その効果はまさに一生モノです。
また、デリケートゾーンの蒸れやかゆみ、ニオイの軽減や、生理中の不快感の軽減など、衛生的な面でのメリットが数多くあります。自己処理でカミソリ負けによるかゆみや処理後に生えてきた毛の不快なチクチク感に悩まされることがなくなることも、大きなメリットでしょう。また、レーザー処置によって、黒ずみの改善が期待されることも嬉しい効果です。


Vラインの施術は、ワキ脱毛と同様に固く濃い毛なので、脱毛効果が高く効果を感じられるまでの期間が短いことも人気の一因です。


痛み・副作用


Vラインの毛は太いためメラニン色素が多い上、皮膚が薄いので、どうしてもメラニン色素の黒によく吸収されるアレキサンドライトレーザーだと痛みを感じやすくなります。また、皮膚が薄いことで赤みが出やすいというデメリットもあります。


また、Vラインの一部を残して脱毛する場合は、残す部位を避けるあまり打ち漏れが起こりやすくなるということも注意が必要です。Vラインの毛は太く、日焼けしない部位なので皮膚は白いため、打ち漏れがあると目立ってしまいます。


I・Oライン(VIO脱毛)の効果について


施術時間・効果の表れる回数



I・Oライン(VIO脱毛)の医療脱毛の効果

VIO脱毛の中でも、I・OラインはVラインよりもさらにデリケートな部位になりますので、自己処理することさえ恥ずかしいと感じる人が多いです。他人はおろか自分ですら見えない場所なので放置しがちですが、下着のムレの軽減など衛生的な観点からも施術のメリットは大きいと言えるでしょう。


I・Oラインは特に皮膚が薄いため、照射パワーを上げることができません。そのため、脱毛が完了するまでにVラインの脱毛に比べて期間がかかってしまいます。
しかしI・Oラインの面積自体は狭いので、脱毛の施術時間はおよそ10~15分で済み、恥ずかしい時間はそう長くはないでしょう。
自己処理がいらなくなるまで8回程度、さらにツルツルにしたいなら10回以上の施術が平均的です。



効果の高いレーザー機器


I・OラインはVラインよりもさらにデリケートな部位で、痛みを感じやすくなります。痛みを軽減する冷却装置が付いているダイオードレーザーが向いています。
I・Oライン脱毛に使用できるダイオードレーザーの代表的な機種としては、ライトシェア・デュエット、メディオスターNeXT PRO、ハヤブサ、ソプラノ、ソプラノアイス、ソプラノアイスプラチナムがあります。


ただし、I・Oライン特有の問題として、照射したい範囲に粘膜部分が含まれるということがあります。通常、粘膜部分は照射ができないので避けますが、発毛がある部分に関しては照射が可能です。


施術の特徴・メリット


I・Oラインを他人に見せるなんて恥ずかしいと思われる方は多いと思いますが、身だしなみとして、あるいは衛生的な観点から施術を希望する方が増えています。Vラインの脱毛と同様にデリケートゾーンの蒸れやかゆみ、ニオイの軽減や、生理中の不快感の軽減など、多くのメリットがあります。


また、I・Oラインは自分ではよく見えず、また肌も入り組んでいるため自己処理が難しい部位でもあります。やりにくかった自己処理の悩みから解放されることも、I・Oラインの脱毛のメリットのひとつです。
他の部位にもいえることですが、I・Oラインは特に敏感な部分なので、効果を高めるためには施術後の保湿が大事です。


痛み・副作用


I・OラインはVラインよりもさらにデリケートな部位で、痛みを大変感じやすいので注意が必要です。デリケートな部位を他人に委ねるという心理的な負担も軽視できません。また、粘膜を含む部位ですので、ダメージを与えないように気をつけなければいけません。
普段は衣類で覆われ日焼けや色素沈着が少なく、レーザー脱毛による火傷のリスクも低いでしょう。


部位に合わせた医療脱毛が高い効果を生む


これまでみてきたように、医療脱毛用の機器であればどんな機種でも効果が高いわけではなく、それぞれの部位に合わせたレーザー機器を選ぶことが重要です。マリアクリニックでは、アレキサンドライトレーザー(ジェントルレーズ)・蓄熱式ダイオードレーザー(ソプラノ)・YAGレーザー(ジェントルヤグ)の3種類のレーザー機器を導入して、一人一人の肌質や部位に合わせた施術を行います。


なお、どの部位にどのレーザー機器を使用するかは、事前に細かくカウンセリングをして、経験豊富なスタッフが適切な機器を選びます。
また当院では、医院の内装はエステサロンのような雰囲気を大切に、気軽に通えるクリニックを目指しています。女性スタッフも多くアットホームな居心地の良さにこだわっており、患者様からも高くご評価いただいております。


当院は、初診・再診料も無料です。医療脱毛が気になるという方はどうぞお気軽にご相談ください。


先頭へ