メニュー 閉じる

VIO脱毛は生理中でもできるの?

VIO脱毛は生理中でもできるの?

生理中でもVIO以外の部位であれば脱毛可能

当院では、Vライン・Iライン(陰部周辺)・Oライン(肛門周辺)への生理中の脱毛は、衛生的な問題が懸念されるため、行うことができません。一方、腕や足など、VIO以外の部位であれば、たとえ生理中であっても脱毛自体はできます。

ただしホルモンバランスによる影響を考えると、あらゆる懸念点が浮上するため、できる限り生理中の脱毛は避けることを当院では推奨しています。

生理中のVIO脱毛をおすすめしない理由

VIOラインは、いわゆるデリケートゾーンに位置するため、生理中以外の施術であっても、衛生面への配慮が特に重要視される部位です。

そもそも生理中の血液やおりものは、体毛に不着することで雑菌が繁殖しやすい環境を作ります。

この点でいうと、脱毛後の開いた毛穴に血液がつくことでも、毛穴という肌内部に繋がる部分に雑菌を入り込ませる可能性が考えられるため、生理中にVIOラインの脱毛を行うことは推奨されません。

生理中の脱毛は様々なリスクの懸念

生理中は、肌のコンディションが悪くなると実感したことはありませんか?実はこれは、錯覚ではありません。

生理とは本来、女性ホルモンの分泌量が一定のサイクルで変化することにより起こる身体の現象です。つまり生理周期に伴って、女性ホルモンのバランスにも変化がもたらされます。

なかでも生理中や生理前は、美容ホルモンとも言われるエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少するため、水分を保つコラーゲンの生成も衰えることから、肌が乾燥しやすくなります。すると、肌のバリア機能も低下し、外部からの刺激に敏感になるのです。

一方で、医療脱毛で用いられる医療レーザーは、肌への安全を十分に考慮して開発されていますが、肌質によっては多少の刺激になることは確かです。特に敏感になった生理中の肌に、レーザーの刺激が加わると、あらゆる肌トラブルに発展する可能性も高まります。さらに生理中は、敏感な肌へ施術するがゆえに、痛みも感じやすくなるといった影響も、注意すべき点です。

特にVIOは身体の部位のなかでも毛が太く、生理中以外であっても肌が敏感な部位です。そのため、生理中にVIO脱毛を行うと、肌へ負担がかかりやすいことが考えられます。

だからこそ当院では、生理中はVIO以外の部位であっても、脱毛を控えるべきだと推奨しています。

もし脱毛予約日が生理と重なってしまったら

生理不順の傾向がある場合、生理期間を予測して脱毛の予約日を決定するのは、なかなか確実性にかけるかもしれません。また生理周期が順調な方にとっても、100%予約日に生理がこないという保証はないのです。

そうなると、生理期間と脱毛の予約日が重なってしまう可能性は、誰しもにあります。そこで、万が一生理期間と脱毛の予約日が重なってしまった際の対処法について、考えてみましょう。

まずVIO脱毛において、生理日が重なってしまった場合。
その際にはキャンセルをして、生理周期が落ち着いた頃に、再度予約を取り直します。
また予約を取り直す際には、美肌作用の高いエストロゲンが多く分泌される生理後~排卵日までの期間がお勧めです。肌のコンディションが整いやすい時期なので、肌への負担も少ないことが想定されるでしょう。

次に、VIO以外、腕や足などの脱毛の場合。
あらゆる肌へのリスクを考慮すると、生理中の脱毛は控えるべきではありますが、脱毛ができないというわけでもありません。
しかし最終的には、ご自身の肌状態や体調に応じて、脱毛をするかどうか判断された方が良いでしょう。もちろんご自身での判断が難しい場合、医師の診断の下、判断するということが肌の安全に繋がる最善な策と言えます。

生理によるキャンセルにも柔軟に対応いたします

当院では、衛生的な観点からVライン・Iライン(陰部周辺)・Oライン(肛門周辺)のうち、1つでも施術を受ける場合には、生理中の脱毛をお断りしております。ご了承くださいませ。

またホルモンバランスとの関係性を考えると、VIO以外の部位であっても、レーザー脱毛を控えるべきではありますが、VIOにしても腕や足などの部位にしても、そもそも気になるのは、「キャンセルができるのか」ということについてなのではないでしょうか。

この点で言うと当院では、既に次回の脱毛施術をご予約いただいている場合であっても、事前にご連絡をいただくことで、日程の変更が可能です。そのため、生理中の敏感な肌へのリスクを心配しながら、施術を受けていただく必要はございません。ぜひお気軽に、マリアクリニックまでご相談ください。


先頭へ