メニュー 閉じる

安城・豊田でVIO脱毛をご検討の方へ

VIO脱毛って何?

当院でも一番人気の脱毛部位

VIO脱毛はマリアクリニック安城・豊田で一番人気の脱毛部位

VIO脱毛とは、デリケートゾーン(アンダーヘア)の脱毛のことです。
Vライン(ビキニライン)、Iライン(性器まわり)、Oライン(肛門まわり)を合わせてVIOと呼ばれています。

「VIO脱毛は知ってるけど、実際やっている人っているの?」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
実は、VIO脱毛はマリアクリニック安城院・豊田院の脱毛で人気No.1の部位です。

見た目を整えるだけではなく、日々の生活もしやすくなることから、幅広い世代の方がVIO脱毛を行っています。

「介護脱毛」としても話題

VIO脱毛は「介護脱毛」としても話題

将来、介護される側になったときに備えて、事前にVIO脱毛を受けておく方も増えています。
「介護脱毛」とも呼ばれ、ご自身の親の介護をきっかけに、将来自分が介護される側になった時にお互い気持ちよく過ごせるようにしたい、という気持ちから40代以降に踏み切られる方も多くいらっしゃいます。

ただし、白髪になると脱毛の仕組み上、医療レーザー脱毛は行うことができません。
アンダーヘアにも白髪が生えますが、それがいつになるのかは分からないため、思いついたその時にVIO脱毛を始めておくのがおすすめです。

VIO脱毛のよくあるご質問

「意外とVIO脱毛を受けている人は多い」と聞いても、デリケートゾーンのことです。
不安や心配が多く、簡単には踏み切れない!という方もいらっしゃるでしょう。

当院では女性スタッフがカウンセリングや施術を担当しますので、同じ女性に不安や心配事は何でもご相談ください。
しっかりと時間を取って、丁寧にご質問にお答えします。

ここでは、その中から多くいただく質問についてお答えします。

Q.VIO脱毛が終わるまでの回数と期間を教えてください。

VIO脱毛にかかる回数と期間

A.VIO脱毛の平均回数は6~10回、期間は1年~1年半です。

VIO脱毛は他の部位と違い、ゴールに個人差があります。
毛量を減らすだけなら5~6回でご満足いただける方が多いのですが、無毛状態を目指すなら10回くらいは必要になります。
期間も回数によって変わってきます。

VIO脱毛をできるだけ少ない回数で終わらせる方法や、VIO脱毛にはどれくらいの回数と期間が必要なのか、そしてどのような経過(毛の減り方)をたどるのかは、下記の記事をご覧ください。

VIO脱毛にかかる回数と期間

Q.VIO脱毛の痛みはどれくらいですか?

VIO脱毛の痛みを緩和させる5つの方法

A.VIO脱毛は他の部位に比べると痛みがありますが、痛みを抑える取り組みをしています。

痛みの感じ方には個人差がありますが、「輪ゴムではじかれたような痛み」と表現されることが多いです。
レーザーの熱による刺激なので、「痛い」というよりも「熱い」と感じる方もいるようです。
痛みはいつまでも続くものではなく、レーザーを照射した瞬間の一瞬の痛みです。

麻酔クリームもご用意しておりますので、痛みが心配な方はご相談ください。(別料金となります)

VIO脱毛がなぜ痛いのか、どうすれば痛みを和らげられるのかについては、下記の記事を参考にしてください。

VIO脱毛の痛みを緩和させる5つの方法

Q.VIO脱毛は生理中でもできますか?

生理中でもVIO脱毛できる?

A.生理中のVIO脱毛はお控えいただいております。

衛生面などを考慮し、当院では生理中のVIO脱毛はお控えいただいております。
予約した日に生理が重なってしまった場合には日程変更を承りますので、お早めにご連絡いただければ幸いです。

下記の記事も合わせてご覧ください。
keyboard_arrow_right生理中でもVIO脱毛できる?

Q.VIO脱毛の形は自分で決められますか?

VIO脱毛のデザイン

A.はい、お好みの形や毛量に対応しています。

Vラインはご希望の毛量や形に合わせて照射します。
IラインとOラインは無毛を希望される方が多いのですが、毛量の調整も可能です。
デザイン料や、照射範囲による追加料金はかかりません。

どんなデザインにできるのか、人気のVラインの形はどんなものか、下記の記事でご紹介しています。 詳しくは下記の記事を参考にしてください。
keyboard_arrow_rightVIO脱毛のデザイン

Q.VIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違いは何ですか?

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛の違い

A.ハイジニーナ脱毛はVIOラインを無毛にする脱毛です。

ハイジニーナ脱毛はVIO脱毛の中でもすべての毛を脱毛することを指します。
欧米ではハイジニーナ脱毛が主流ですが、日本ではまだまだ少数派のため、Vラインをナチュラルに整えることを希望される方が多いです。

ハイジニーナ脱毛についての詳細は、下記の記事をご覧ください。
keyboard_arrow_rightハイジニーナ脱毛とは

Q.VIO脱毛の照射範囲を詳しく知りたいです。粘膜も脱毛できますか?

VIO脱毛の範囲と粘膜の脱毛について

A.安全面、衛生面への配慮から、粘膜ギリギリまで照射します。

Vラインは、ビキニライン全体に照射できます。
Iラインは、女性器周りの粘膜以外に照射します。
Oラインは、肛門周り全体が対象ですが、肛門の中には照射できません。

下記のページで図を使って詳しく解説していますので、詳細は下記の記事をご覧ください。
keyboard_arrow_rightVIO脱毛の範囲と粘膜の脱毛について

Q.VIO脱毛を選ぶときのポイントを教えてください。

VIO脱毛を選ぶ時の4つのチェックポイント

A.料金だけで比較せず、技術力・対応力をチェックしましょう。

デリケートゾーンは形状が複雑で皮膚も弱く、脱毛が難しい部位です。
「脱毛なんてどこでも同じ。安いところでいいや。」
と安易に決めて後悔しないよう、ホームページを良く確認したり、無料カウンセリングに行ってみて、技術力や対応力を比較してください。

具体的な比較のポイントは下記の記事にまとめましたので、参考にしてください。
keyboard_arrow_rightVIO脱毛を選ぶ時の4つのチェックポイント

マリアクリニック安城院・豊田院のVIO脱毛のポイント

安心で効果が高い医療レーザー脱毛

マリアクリニック安城・豊田のVIO脱毛は安心で効果が高い医療レーザー脱毛

当院がある愛知県安城市や豊田市にも、VIO脱毛ができる脱毛サロンがたくさんありますが、脱毛サロンのフラッシュ脱毛(光脱毛)と医療レーザー脱毛では効果が違います。
フラッシュ脱毛には一時的な減毛効果しかありませんので、しばらくすればまた毛が生えてきますが、医療レーザー脱毛には永久脱毛効果があります。

また、脱毛サロンには医師がいないので、火傷などのトラブルがあっても治療や薬の処方はできません。
VIO脱毛はデリケートゾーンの脱毛ですので、他の部位以上に慎重に選びたいものです。

マリアクリニックでは、必ず医師が診察した上で脱毛施術を行います。
豊富な経験に基づき、おひとりおひとりに合わせたVIO脱毛を行っています。

痛みが少ない脱毛機「ソプラノ」を使用

マリアクリニック安城・豊田のVIO脱毛は痛みが少ない脱毛機「ソプラノ」を使用

VIO脱毛を躊躇している方の大きな理由のひとつに「痛みへの不安」が挙げられます。
当院では、痛みへの対策のひとつとして、痛みの少ない医療レーザー脱毛機「ソプラノ」を導入しています。

ソプラノは、従来のレーザーのように一瞬で高エネルギーを与えて脱毛するのではなく、「蓄熱式」といって弱いエネルギーでじわじわと熱エネルギーを与えて、発毛組織を破壊します。
そのため、刺激的な痛みを抑えることができます。
さらに、ハンドピースの肌に接する部分には冷却機能が搭載されており、熱による痛みも軽減できます。

肌質や毛質によっては他の脱毛機をおすすめする場合もありますが、一方的に決めるのではなく、きちんとご説明した上でお選びいただいておりますのでご安心ください。

VIO脱毛の様々なメリット

他の部位の脱毛とは異なり、VIO脱毛は見た目以上に生活のあらゆる面が改善することが魅力の一つです。
アンダーヘアがあると当たり前だったことが、VIO脱毛を行うことで「こんなに楽になるのか!」と驚かれる方も少なくありません。
特に年齢が上がるにつれて、VIO脱毛は意外なメリットも見えてきます。

VIO脱毛のメリット

20代~30代

  • おしゃれな水着やランジェリーが着こなせる
  • ムレ、かゆみ、臭いのお悩み解消
  • 婦人科、産婦人科の受診で恥ずかしくない
  • パートナーとのスキンシップに自信が持てる

40代~

  • 救急搬送など緊急時も安心
  • 介護が必要になった時、清潔に保てる

おしゃれな水着やランジェリーが着こなせる

アンダーヘアが気になって、水着やランジェリーの選択肢が狭くなっていませんか?
VIO脱毛をすれば、そんなことを気にせずに好きなデザインのものを選べるようになります。
また、ビーチやプールでも「はみ出たらどうしよう」なんて気にせず、思い切り楽しめるようになりますよ。

ムレ、かゆみ、臭いのお悩み解消

これは、どの世代でも実感いただける、VIO脱毛の最大のメリットではないでしょうか?
特に生理中や汗をかきやすい夏場は、アンダーヘアに付着した血液や汗がにおったり、肌がかぶれてかゆくなったりしてしまいます。
VIO脱毛で、そのようなお悩みから解放されます。

婦人科、産婦人科の受診で恥ずかしくない

20代~30代になると、婦人科や産婦人科を受診する機会が出てきます。
そんな時、アンダーヘアをどうするか悩んでしまう方も少なくありません。
もちろん医師や看護師はいろいろな方を見ているので気にしてはいませんが、VIO脱毛をすることで恥ずかしさが軽減する患者さまもいらっしゃいます。
アンダーヘアを整えることで自信がつくだけでなく、デリケートゾーンを見られることに慣れる、ということもあるようです。

パートナーとのスキンシップに自信が持てる

パートナーの好みにもよるのですが、アンダーヘアもきちんと手入れが行き届いている方が清潔感があり、好感度が高いのではないでしょうか?
「こんなに毛深くて、どう思われるかな?」と不安を抱えていては、スキンシップも消極的になりがち。
VIO脱毛は、パートナーとの距離を縮めるのにも一役買っています。

救急搬送など緊急時も安心

年齢を重ねていけば、誰しも病気のリスクは高まっていきます。
万が一、急病で倒れて救急搬送されたら、自分の意思とは関係なく下半身を見られてしまう可能性があります。
もちろん命が助かることが最重要で、恥ずかしいと思う余裕などないとは思いますが、元気になった時に「VIO脱毛をしておけばよかった」と後悔しないためにも、将来を見据えてVIO脱毛しておいてはいかがでしょうか?

介護が必要になった時、清潔に保てる

入院など不測の事態だけでなく、将来の介護を受ける際のエチケットとしてもVIO脱毛は選ばれています。
アンダーヘアが処理されていると、トイレの介助もスムーズに済むため、介助者の負担が軽減されます。
医療レーザー脱毛なら、脱毛効果が長期にわたって持続するため、早めに始めておけば、将来のことも安心です。
ただし、アンダーヘアが白髪混じりになってしまうと、脱毛効果が得られなくなってしまうため、その点だけご注意ください。

詳しくはこちらでも解説しています。

40代以上のVIO脱毛が急増中!話題の介護脱毛とは

VIO脱毛の脱毛範囲

Vラインとは

Vライン

Vラインは、デリケートゾーンの前側のアンダーヘアです。

ショーツからはみ出してしまうなど、気になっている方が多い部位で、自己処理している方もいらっしゃると思います。
しかし、自己処理でツルツルにするのは難しいため、医療レーザー脱毛のニーズが高い部位のひとつです。

医療レーザー脱毛をすると無毛になるのでは、と心配される方もいらっしゃるようですが、形を整えたり、毛量を減らしたり、ご希望に合わせた脱毛ができます。
選べるデザインは主に下記の4パターンです。

  • 部分的に脱毛して、全体の形を整える
  • ナチュラルな形のまま、全体的に毛量を減らす
  • 形を整えた上で、毛量も減らす
  • 全ての毛を脱毛(ハイジニーナ脱毛)

形を整える場合は、逆三角形やたまご型などご希望の形にいたします。

Iラインとは

Iライン

Iラインは、性器まわりのアンダーヘアです。

人から見られる部位でもないので、気にしていない方もいらっしゃると思いますが、Iラインの脱毛は衛生面でのメリットが大きい部位です。
しかしながら、自己処理をするのが難しい部位のため、脱毛するなら医療レーザー脱毛がおすすめです。

Oラインとは

Oライン

Oラインは、肛門まわりのアンダーヘアです。

自分では見えないため、毛が生えているのか意識したことがない方もいるかもしれませんね。
Iラインと同様、Oラインの脱毛は衛生面でのメリットが大きいものの、自己処理が難しく医療脱毛が適しています。

VIO脱毛の料金

脱毛に必要な料金はすべてプランに含まれているので安心です!

  • カウセリング
    0
  • 初診料
    0
  • 保湿クリーム
    0
  • キャンセル料
    0
VIO脱毛 5回
当院人気No.1

VIO脱毛 5回

1回 40,000円(税抜)

150,000円(税抜)
スモール脱毛1回付き

Vラインの脱毛は照射範囲によって料金が変動するクリニックもありますが、当院では一律の料金で対応しております。

料金表(税抜)

部位
(VIO脱毛)
1回 5回コース
Vライン 15,000円 50,000円
Iライン 15,000円 50,000円
Oライン 15,000円 50,000円

先頭へ