メニュー 閉じる

医療レーザー脱毛のアフターケア

医療レーザー脱毛のアフターケア

脱毛後に気をつけるポイントは3つ

脱毛後の肌はレーザー照射により、ほてって乾燥し敏感になっています。その状態から早く普段のお肌に戻し、肌トラブルを防ぐために、正しいアフターケアを継続して行うことが大切です。気をつけるべきポイントは3つ。


  1. 保湿

  2. 刺激を避ける

  3. 紫外線対策

これらをきちんと行えば、安全に・効果的に・キレイに脱毛することが可能です。
ちなみに顔脱毛の直後のメイクは、基本的に薄めのメイクならOKです。

今回は、脱毛後の肌の状態や起こりやすいトラブル、そしてそれを防ぐための肌ケアについて解説いたします。

脱毛後の肌はとてもデリケート

なぜ脱毛後は、普段よりも入念な肌ケアが必要なのでしょうか?
その理由は、医療レーザー脱毛のメカニズムにあります。

医療レーザー脱毛は、毛の黒い色素に反応して生まれる熱エネルギーにより、真皮と呼ばれる皮膚の深層にある、毛を作る細胞を破壊して永久脱毛を行います。

できる限り毛を作る毛母細胞だけが破壊されるようにレーザーを調整して脱毛するのですが、どうしても毛母細胞の周りの組織にも熱は伝わってしまいます。

この熱により、脱毛施術後は普段の健康な肌と比べ、乾燥して様々な刺激に敏感になります。

そのため脱毛後に正しいケアを怠ると、下記のような様々な肌トラブルを引き起こす可能性が高くなってしまうのです。

ただし、リスクがあるといっても、正しいアフターケアを継続して行うことで肌トラブルの可能性を低くし、きれいに脱毛することができます。

これから紹介する肌ケアを実践して、安全に効果的に脱毛しましょう。

脱毛後は乾燥しやすいのでしっかり保湿を

肌の保湿は、脱毛後に限らず普段から気をつけている方が多いのではないでしょうか。
大切なのは、肌にうるおいを与えること。またうるおった状態の肌をキープすることです。

脱毛後で肌が弱っているからといって、高価な高機能化粧品を使ってケアしたほうがいいかというと、そうではありません。普段から使っている、自分の肌に合ったアイテムを使ってください。お風呂あがりやヒリヒリした感覚があったときなどに、乳液や保湿クリームでこまめに保湿すると良いでしょう。

顔の場合、脱毛後数日間は、乳液の前にパックシートや化粧水を含ませたコットンで保湿ケアをすると効果的です。

コットンパックは、「薄めのオーガニックコットン」を使い「洗顔後すぐ」に行うのがおすすめです。
その理由としては、これらのことが挙げられます。

パック時間は、長すぎるとコットンが肌の水分を吸い取ってしまうため、10分程度を目安に行ってください。

また屋内であれば、加湿器を使い湿度を40~60%に保つことも大切です。

加湿器は、部屋の中央でテーブルなどの高めの位置に置き、エアコンの風で蒸気を循環させると効果的です。窓や壁に結露・カビが発生しない程度に、空調と併せて適切な湿度を維持しましょう。

脱毛後のNG行動はコレ!

脱毛後の肌はとても敏感になっています。摩擦などの刺激を避け、脱毛直後は血行を良くする行為を控えましょう。

入浴

脱毛後数日間は特に肌が敏感になっているため、入浴は湯船に浸からず、ぬるめのシャワーで軽く流す程度が理想です。身体を洗う場合は強くこすらずに、泡を手で転がすようにしてやさしく洗いましょう。

メイク・日焼け止め

化粧品・日焼け止めの中には、脱毛後の敏感な肌には好ましくない成分が入っていることがあります。

これらの成分が入っていないものを使うと、肌への負担を軽くすることができます。

脱毛直後のメイクは、可能であれば控えた方が良いですが、薄めのメイクなら基本的にはOKです。このとき、以下の3点を心がけるようにしましょう。

激しい運動・飲酒・温泉・サウナ・岩盤浴

肌を落ち着かせるという観点から、血行を良くする・体温が上がる行為は控えましょう。
脱毛後の、肌が熱を持った状態で体温が上昇すると、毛穴が炎症を起こしたりほてりが長引いたりすることがあります。
激しい運動や飲酒などの身体の内部から温まる行為は「数日間」。
温泉・サウナ・岩盤浴などの不特定多数の人が利用するものは「1週間程」を目安に控えましょう。

毛抜き

ここまでは、刺激をおさえるために控えるべき行為を挙げてきました。
刺激をおさえるという点で最後に、脱毛効果に直結する、非常に重要なポイントをご紹介いたします。

それは、脱毛期間中のムダ毛の自己処理です。

脱毛施術は、毛周期に合わせて行うため2~3か月の間隔が空きます。その間のムダ毛処理は、決して抜かずに行ってください。毛と一緒に毛根まで抜けてしまうと、脱毛効果を得られなくなってしまい、次回施術の延期につながります。
自己処理を行う場合は、カミソリよりも肌表面を傷つけにくい電動シェーバーがおすすめです。

脱毛期間中は常にUVケアを!

脱毛後・脱毛期間中は、常に日焼け対策を行うことが大切です。

日常生活の範囲内であれば、この2点を実践すれば基本的に問題はありません。

ただし、このような場合は注意が必要です。

脱毛施術の直後

脱毛の直後は特に肌が敏感になっています。なるべく毛穴に残りにくく、ぬるま湯で落とせるような軽い質感の日焼け止めを使うようにしましょう。もし可能であれば、日焼け止めを使わずに日傘や帽子、衣服のみでUVケアを行いましょう。

山、海やプールなどの、特に紫外線の強い環境

脱毛後2週間は、山や海など、紫外線の強い環境に行くのは控えましょう。
2週間以上たった後でも「日焼け止め」+「UVカット加工の日傘、帽子、衣服」で日焼けを避ける工夫を十分に行うことが大切です。

脱毛に不安がある方こそご相談ください

当院では、数種類のレーザー脱毛機器を導入しており、患者さまお一人お一人の肌質・毛質に合わせてレーザー照射の間隔・強さを調整しております。
加えて、脱毛後には医療機関専用の保湿クリームを処方し、アフターケアのサポートも行っております。

そのため「肌が弱い」「脱毛後の肌トラブルが不安」などのお悩みを持つ方にこそ、マリアクリニックの医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療レーザー脱毛にご興味のある方、また不安のある方は、マリアクリニックまでぜひご相談ください。


先頭へ