メニュー 閉じる

産毛の医療脱毛について

産毛の医療脱毛について

産毛の医療脱毛について


一本一本は細くても意外と目立つのが産毛です。せっかく脱毛するのなら、産毛まできれいに処理したいと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、一般的に「産毛の脱毛は難しい」と言われています。


医療レーザー脱毛は、メラニン色素(黒い色)のみに脱毛効果を発揮するのが特徴です。
そのため、ワキやVラインなどの太くて濃い毛に比べると、産毛のように細くて色素が薄い毛はレーザーの光が反応しにくく、脱毛効果が出にくいと考えられています。


だからといって、産毛の脱毛をあきらめる必要はありません。
医療脱毛はどこでやっても似たり寄ったりと思うかもしれませんが、脱毛機器や脱毛方法によって効果が大幅に異なります。
産毛を脱毛したいのであれば、毛質に適したレーザー脱毛機器を導入しているクリニックを選ぶことが大切です。


ここでは、産毛脱毛のメリットや効果の高い脱毛機器についてなど、産毛脱毛に関する情報をご紹介します。


産毛が生えている主な部位


産毛が生えている箇所は思っているよりも広範囲に及び、目につきやすい部分も多いのが特徴です。
ここでは、代表的な例を挙げてみましょう。



顔はさらに部位が細かく分けられ、おでこ、ほほ、あご、眉下、鼻下、もみあげなど、どちらも目につく場所です。
顔に産毛が生えていると化粧ノリが悪くなるため、カミソリや電気シェーバーで自己処理をしている方も多いでしょう。
しかし、日々の手間や肌への負担を考えると、どうしても限界があります。


うなじ


うなじは自分では気にならなくても、周りからは意外と目立ちます。
女性のうなじの産毛にがっかりする男性も多いようです。


背中


背中も産毛が多い部位です。水着や背中が大きく開いたドレスを着用すると、想像以上に目立ちます。
手が届きにくいため、自己処理をあきらめている人も少なくありません。


胸・お腹


胸やお腹の産毛は、女性にとって大きなコンプレックスになってしまいがちです。
デリケートな部分なので、クリニックでの脱毛をおすすめします。


おしり


おしりの産毛も自分ではなかなか気づきにくいものです。
彼氏から指摘されて恥ずかしい思いをしたことのある方もいるのではないでしょうか。
しかし、自己処理をするのは至難の業。カミソリ負けをすると、かえって肌が汚くなってしまう可能性があります。


手の甲・足の甲


手の甲も顔と同様に産毛が目につきやすいポイントです。
足の甲の産毛まで気を使っている人はそれほど多くありませんが、夏場にサンダルやミュールを履いたときに結構目立ちます。


産毛の自己処理で引き起こるトラブル



産毛の自己処理で引き起こるトラブル


「産毛くらいなら自己処理で済ませてしまった方が早いのでは?」そんな風に感じる方もいらっしゃるかと思います。
しかし、前述でご紹介した通り、産毛が生えている部位は多く、自己処理が難しい部位もあります。


また、自己処理で肌トラブルを引き起こしてしまう可能性も高いため、おすすめできません。


ここからは、自己処理が原因で引き起こる肌トラブルをご紹介します。



肌が荒れて、乾燥肌の原因に


カミソリによる剃毛は、毛だけでなく肌の角質まで一緒に削り取ってしまいます。

その結果、気づかぬうちに肌を傷つけているのです。


自己処理によるダメージから肌の水分が不足し乾燥の原因に繋がります。
また、水分が不足していることで肌はデリケートな状態になっています。
それにより、ちょっとした刺激でかゆみやかぶれといった肌荒れも引き起こしてしまうのです。


毛嚢炎(もうのうえん)


毛嚢炎とは、毛根を包む組織である毛包にブドウ球菌が感染して発症する皮膚病です。
自己処理をすることで、肌のバリア機能が低下します。
その結果、毛包にブドウ球菌が感染しやすい状態になり毛嚢炎を発症するのです。
また、重症化した場合、化膿することもあります。


埋没毛(まいぼつもう)


埋没毛とは、カミソリや除毛クリームによるダメージにより毛穴がふさがり、皮膚の内側に埋もれてしまった毛のことです。
最終的には自然に皮膚の外に排出されますが、場合によっては、炎症を引き起こし、毛嚢炎を併発したり、色素沈着に発展する恐れがあります。


色素沈着


肌が刺激を受けると、その刺激から肌を守るために、メラニン色素が生成されます。
そのメラニン色素が蓄積されることが原因で、色素沈着を引き起こす恐れがあります。
特にカミソリは肌への刺激が強く、色素沈着を起こしやすいのです。


産毛を医療脱毛するメリット


前述でご紹介した、自己処理で引き起こる肌トラブルを最小限に抑えることができるのは、医療脱毛の大きなメリットと言えます。


他にも、産毛脱毛を行うことで得られるメリットは様々あります。


ここからは、産毛の医療脱毛のメリットをご紹介します。


肌がツルツルになる


産毛を医療脱毛すれば、半永久的にムダ毛が生えてこない状態になり、ツルツルな肌を手に入れることが可能です。


肌が明るくなる


産毛は、一見細く目立たない毛ではあるものの、全体に生えていればトーンが暗く見えてしまいます。
また、日本人の黄色系の肌は、産毛の黒色が目立ちやすいという性質があるのです。
産毛の脱毛することで、陰りがなくなり顔全体がワントーン明るくなります。


光の反射で肌が美しく見える


肌全体を覆っている産毛を脱毛することで、肌へ光が直接反射するようになります。
その結果、肌が美しく見えるのです。


ニキビや吹き出物ができにくくなり、肌荒れがしにくくなる


医療脱毛には毛穴を小さくする効果があります。
毛穴部分に余分な皮脂がたまるのを防ぐことによって、ニキビや吹き出物、肌荒れなどの肌トラブルが起こりにくくなります。


化粧品・クリームがなじみやすくなる


いくら化粧水やクリームをつけても効果が実感できない……。
そんな方は、産毛を脱毛することで改善を図れるかもしれません。
産毛がなくなれば、何にも邪魔されることなく化粧品が肌に浸透しやすくなり、吸収率アップが期待できるでしょう。


化粧ノリが良くなる


顔全体に産毛が生えている状態では、ファンデーションを塗っても浮いてしまいがちです。
また、産毛に汗がたまることによって、化粧崩れを引き起こす可能性もあります。
日頃から「化粧のノリがイマイチ」と悩んでいる方は、産毛脱毛をするのがおすすめです。


産毛が硬毛化する理由と対策


産毛を医療脱毛するメリットは理解していても、「産毛のレーザー脱毛で硬毛化するといった話を耳にしたことがあるから不安…。」
そんな風に感じる方もいらっしゃるかと思います。


ここからは、産毛が硬毛化する理由と対策についてご紹介します。


硬毛化とは、脱毛した毛が脱毛前より濃く太く見える症状の事を指します。


実は、硬毛化する原因はまだ解明されていません。
しかし一説には、レーザーの刺激により産毛のような細い毛の毛根が活性化し、濃くなるとされています。


脱毛機器のレーザーは太く黒い毛に反応しやすい性質のため、毛根がしっかりと破壊されます。
しかし、細く薄い色の産毛は、レーザーが反応しづらく、毛根が生き残る可能性があるのです。


硬毛化のリスクを最小限に抑えるなら、産毛に効果的な脱毛機器を導入しているクリニックで施術を行うことをおすすめします。


産毛に適したレーザー


医療脱毛で使用する医療レーザーは、アレキサンドレーザー、ダイオードレーザー(SHR方式)、ダイオードレーザー(HR式)、ヤグレーザーに分けられます。


その中で、産毛に適しているレーザーはダイオードレーザー(SHR方式)です。


ダイオードレーザー(SHR方式)は、メラニン色素に反応して脱毛する一般的なレーザーと仕組みが違います。
SHR式は、「蓄熱式」とも呼ばれる脱毛レーザーで、毛根組織に栄養を与える「バルジ領域」を破壊する仕組みです。


ダイオードレーザー(SHR方式)の照射は、メラニン色素の薄い産毛に高い脱毛効果を発揮します。


産毛に適した脱毛機



産毛に適した脱毛機

産毛脱毛の効果が高い脱毛機器は、「ソプラノ」「メディオスター」です。


これらの脱毛機器は、前述でご紹介したダイオードレーザー(SHR方式)を搭載しています。


「ソプラノ」「メディオスター」共に、一瞬だけバチっと照射する一般的な脱毛の方法と異なります。

1カ所に対して連続的にレーザーを照射し、じわじわと熱を加えていく方法で脱毛します。
そのため、痛みはほとんどありません。
また、通常のハンドピース(レーザーを照射するヘッド部分)よりも照射面積の大きなものがあります。
それにより、少ない照射時間で広範囲を施術することが可能です。




産毛の医療脱毛に必要な回数



産毛の医療脱毛に必要な回数

メラニン色素の薄い産毛の医療脱毛は、効果を実感できるまで他の毛よりも時間がかかる傾向にあります。
しかし根気よく続けていけば、毛穴を感じさせない、なめらかな素肌を手に入れることも可能です。


産毛の医療レーザー脱毛を行って、だいたいどのくらいで自己処理がいらなくなるのか、目安となる回数を脱毛箇所ごとにご紹介します。


  • 顔 5~7回
  • おでこ・ほほ・あご 7~9回
  • 眉下・鼻下・もみあげ 5~7回
  • うなじ 7回
  • 背中 6回
  • 胸・お腹 6回
  • おしり 6回
  • 手の甲・脚の甲 6回

毛量が多く、毛深い人方は、通常より1〜2回多くの脱毛回数が必要です。
特に顔やうなじは色素が薄いため、さらに回数を重ねると効果が高いでしょう。
ただし、毛量や毛の濃さには個人差がありますので、事前のカウンセリングで自分に適した回数を相談しておくのがベストです。



産毛の脱毛なら愛知のマリアクリニック(安城・豊田)の医療レーザー脱毛



産毛の脱毛なら愛知マリアクリニックの医療レーザー脱毛

産毛脱毛は単純に面倒な自己処理が楽になるだけでなく、様々なメリットがあり、自己処理による肌トラブルのリスクを防ぐこともできます。


産毛を効果的に脱毛するなら、マリアクリニックの医療脱毛がおすすめです。


マリアクリニックでは、産毛に効果の高い「ソプラノ」を導入しております。
永久脱毛も可能ですので、将来的に自己処理の手間がかからなくなるでしょう。


医療脱毛が初めてという方もマリアクリニックなら、経験豊富なドクターが肌や毛の状態を確認し、一人ひとりに合った脱毛方法を提案します。


今まで産毛のレーザー脱毛をあきらめていた方もぜひ一度ご相談ください。
もちろん施術後のアフターケアも充実しており、術後の保湿ケアや脱毛期間中の自己処理についてのアドバイスなども行っています。


美容クリニックと聞くと敷居が高く感じられるかもしれませんが、マリアクリニックは地元密着型のアットホームな雰囲気のクリニックです。
おかげさまで性別問わず、幅広い年齢層の方々にリピートしていただいております。


当院では無料カウンセリングを実施しておりますので、産毛の脱毛が気になる方はお気軽にお問い合わせください。






先頭へ