メニュー 閉じる

医療レーザー脱毛って痛い?

医療レーザー脱毛って痛い?

痛くない脱毛ってあるの?

自分で行う脱毛・除毛処理は簡単にできますが、肌のトラブルも起こりやすく、時間もかかって面倒ですよね。
その点、永久脱毛をすれば処理の手間や肌トラブルのリスクも大幅に減るので、毎回の処理が面倒という方には永久脱毛はオススメです。

自己処理以外で脱毛しようと考えたとき、選択肢として頭に浮かぶのはエステサロンの光脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛の2つではないでしょうか。
このうち医療レーザー脱毛は光脱毛に比べ「痛みが強い」というイメージを皆さんはお持ちのようです。確かに、エステサロンで行われている光脱毛に比べるとエネルギーが大きいため、施術時に痛みを感じる可能性があります。特に肌荒れや敏感肌に悩んでいる方だと、「レーザーを当てても大丈夫なの?」と不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。

ですがご安心ください。マリアクリニックでは3種類のレーザーを使い分けることで、痛みが不安な方・敏感肌・肌荒れの方でも、痛みを抑えた施術が可能です。
痛みの少ない脱毛がしたいというあなたに、マリアクリニックの医療レーザー脱毛をご紹介します。

医療レーザー脱毛は痛みが強い?

ではなぜ、医療レーザー脱毛は光脱毛に比べ痛みが強いと言われているのでしょうか?
それは2つの脱毛の仕組みがそれぞれ異なるからです。

光脱毛の波長はそれぞれバラバラな方向に進みます。エネルギーが分散するので皮膚にもそれほど大きな痛みは生じません。
しかし、医療レーザー脱毛はレーザーを集中的に毛根に照射することでダメージを与えます。高い脱毛効果が期待できる反面、毛根周辺の皮膚にもレーザーの熱が加わるため、施術中・施術後に痛みが出ることがあります。
また、肌荒れ・敏感肌の方だと、肌に通常より大きいダメージが加わる危険性もあります。

しかし近年では医療レーザー脱毛でも、施術時の痛みが出ないように、様々な工夫がなされています。
マリアクリニックでは、

などの工夫で、痛みに弱い方でも安心して施術が受けられるよう万全の態勢を整えています。

医療レーザー脱毛の痛みを抑える工夫

マリアクリニックでは、3種類のレーザー(ダイオードレーザー、ヤグレーザー、アレキサンドライトレーザー)をご用意しています。
このうち、ソプラノ(ダイオードレーザー)、ヤグレーザーは肌への刺激を極力抑えたレーザーです。なので程度にもよりますが、痛みが不安な方、肌荒れ・敏感肌の方でも安心して施術ができます。
また、ソプラノ(ダイオードレーザー)、ヤグレーザーともに冷却装置が備え付けられています。レーザーの照射と同時に皮膚を冷やすことで、痛みを抑える効果があります。
この2つのレーザーは、以下のような特徴を持っています。

ソプラノ(ダイオードレーザー)







  • メラニン色素ではなく毛包に反応するレーザー

  • 一発当たりの威力が小さく、毛包にしか反応しないため肌を傷つけない

ソプラノ(ダイオードレーザー)は、従来のレーザーとは異なり、メラニン色素ではなく毛包に反応するレーザーです。
広範囲に熱を照射するので、一つひとつの毛包に加わるエネルギーは小さく、肌を傷つけずに脱毛できます。


ヤグレーザー







  • 通常のレーザーに比べて波長が長く、皮膚の深部まで到達

  • 深部に作用するため肌表面のメラニンへの反応は弱く、肌を傷つけずに施術可能

ヤグレーザーは波長が長いことが特徴です。レーザーは皮膚の深部に到達するため、肌の表面を傷付けずに脱毛できます。


脱毛後も痛みはある?

施術後は、レーザーの刺激によって肌が乾燥します。
乾燥したまま放っておくと赤みや痛みなどが出てしまうことがあるので、そのような肌トラブルを防ぐためにも、保湿ケアや紫外線対策を充分に行いましょう。

マリアクリニックでは一人ひとりに合わせてレーザーの強さを調整し、肌に刺激を与えないよう施術を行います。
また、アフターケアとして保湿クリームをご用意しています。

詳しくは「医療レーザー脱毛のアフターケア」をご覧ください。

痛みが不安な方でも安心して脱毛を受けられます

マリアクリニックでは、肌への刺激が少ないソプラノ(ダイオードレーザー)・ヤグレーザーを使用しています。
更に、施術部位の冷却・レーザーの出力調整で痛みを最小限に抑えているため、施術時の痛みが不安な方、肌荒れ・敏感肌の方でも安心して施術を受けられます。

また、施術後も痛みが出ないようアフターケアとして保湿クリームをご用意。
医療レーザー脱毛の痛みが不安という方は、マリアクリニックにぜひご相談ください。


先頭へ