メニュー 閉じる

なぜ日焼け肌には脱毛できないの?

なぜ日焼け肌には脱毛できないの?

レーザーの性質上、そもそも日焼け肌は脱毛に向いていません。 しかし、医療レーザー脱毛の機器にはいくつか種類があり、日焼け肌でも脱毛可能なものもあります。

今回は、日焼けした肌、色黒の肌でもなぜ脱毛できるのか?
もし脱毛中に日焼けしてしまったら?
などの、脱毛と日焼けの関係について解説いたします。

日焼けした肌でも脱毛可能なものがあります

現在、医療レーザー脱毛では、主に3種類のレーザーが使われています。

このうち、最も多くのクリニックで使われているのが、「アレキサンドライトレーザー」と言われています。「アレキサンドライトレーザー」は日焼けした黒い肌の脱毛には対応していません。そのため、「日焼け肌は脱毛できない」と認知されることが多いようです。
一方、「ダイオードレーザー」「YAGレーザー」は、色黒の肌、日焼けした肌でも脱毛することが可能です。

日焼け肌の脱毛はレーザーの波長の長さがポイント

レーザー脱毛の基本的な仕組みは、毛の黒い色素に反応するレーザーを照射することによって毛包に熱ダメージを与え、毛母細胞という毛を作る組織を破壊するというものです。
そのため肌が色黒な場合、肌の表面にもレーザーが反応してしまうことがあります。そうなると、肌にやけどや、シミなどの色素沈着を起こしてしまう可能性が出てきます。

これを回避するには、肌の表面で反応を起こさずに、肌の深層にある毛根にレーザーをあてることが重要です。

レーザーには波長が長いほど、肌の奥までレーザーが届くという性質があります。
そのため、波長の長さを基準に、日焼け肌でも脱毛ができるか否かを判断することができます。

極力日焼けしていない状態で脱毛しましょう

ただし、日焼けしていても全く問題がないかというと、そうではありません。

「ダイオードレーザー」と「YAGレーザー」は、レーザーの性質上、極端な日焼けや日焼けした直後でなければ、施術は可能ということです。

日焼けした肌の脱毛は、健康な肌の脱毛に比べ、これらのデメリットがあります。

「安全に・効果的に・キレイに」脱毛を行うために、肌が落ち着いてから施術を受けるようにしましょう。

脱毛期間中は常に紫外線対策を

脱毛期間中は、日焼け予防のためこの2点を実践しましょう。

日常生活の範囲内であれば、これらを実践すれば基本的に問題はありません。

注意が必要なのが、海やプール、山などのアウトドアです。
これらの紫外線量が特に多い環境にはなるべく行かないようにしましょう。
もし行く場合は、日焼け止めだけでなく、日傘、帽子、衣服をUVカット加工のものにすることが大切です。

そして万が一、日焼けしてしまったら、そのダメージで敏感になった肌を落ち着かせましょう。そうすることで、肌荒れや色素沈着といった肌トラブルの予防につながります。


  1. 肌を冷やす。冷水のシャワーで流したり、冷やしたタオルを使い肌を冷やしましょう。

  2. 水分補給と保湿をしっかり行う。

これらを行った上で、脱毛施術を受けたクリニックに相談して、肌の状態を見てもらいましょう。

日焼け肌の脱毛も受け付けています

マリアクリニックでは、「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAGレーザー」のレーザー脱毛主要3機器をすべて導入しております。

そのため、今回のご質問にあった日焼けした肌や色素沈着した部分、またはメラニン色素の薄い産毛や軟毛にも対応可能です。

お一人お一人のご希望や肌の状態、毛質を考慮して最適な施術を行います。

医療レーザー脱毛にご興味のある方、また不安のある方はマリアクリニックまでぜひご相談ください。


先頭へ