メニュー 閉じる

医療レーザー脱毛にかかる期間と回数は?

医療レーザー脱毛にかかる期間と回数は?

医療レーザー脱毛は約1年間、
平均5~6回通院が必要


医療レーザー脱毛をご検討されている方の中で、
「全ての毛が1回で抜けるのかな?」
「できるだけ短い期間で脱毛効果を感じることはできるかな?」
といった疑問を抱いた方はいませんか?
これらの疑問は医療レーザー脱毛をご検討されている方からご相談いただくことが多いです。


しかし、医療レーザー脱毛は1回だけの施術では完了することが不可能です。
部位にもよりますが、脱毛を終えるまでに平均5~6回ほどの施術、期間にして約1年程の通院で、脱毛の状態に満足される方が多いです。


こう聞くと、かなりの時間を要すると感じるかもしれません。
しかしながら、医療レーザー脱毛の比較対象として挙げられるエステでの光脱毛は、効果を感じられるまでの期間が長くなり、医療レーザー脱毛よりもエステに足を運ぶ回数は多くなります。


このような観点から、出来る限り少ない回数での脱毛をご希望の方には、医療レーザー脱毛がおすすめです。


脱毛を始めるおすすめの時期はいつ?



医療レーザーを秋冬から始めることで得られるメリット

平均的に約1年間かかるとされる医療レーザー脱毛。
どれくらいの季節から始めるのがベストであるか悩まれる方が非常に多いです。


「薄着で肌の露出が増えるから夏から始めるべきですか?」
とご相談をいただくこともありますが、実は医療レーザー脱毛を始めるのにふさわしい季節は、秋~冬なのです。



秋~冬脱毛がおすすめの理由
その1


「肌の露出が減る季節なのに秋?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。
その理由の一つ目は、「紫外線による負担軽減」です。
脱毛を受けた直後の肌は、とても敏感な状態が続きます
僅かな紫外線でも日焼けしやすく、シミや軽い火傷が起こるリスクがあるのです。


特に夏は紫外線が強いことから、肌へのダメージも大きい季節。
それに対し、秋は紫外線の量も落ち着きはじめ、日焼けしにくいので肌への負担を軽減することができます。


秋~冬脱毛がおすすめの理由
その2


二つ目は、「夏までに毛を減らすことができる点」です。
脱毛をするのであれば、やはり肌の露出が増える夏にはムダ毛のない綺麗な状態でいたいものですよね。
医療レーザー脱毛は平均的に約1年程度の通院によって脱毛の状態に満足される方が多いことから、秋頃から始めれば次の年の夏には脱毛も完了し、ツルスベ肌で過ごすことができます。


脱毛を早く終わらせるための
通院ペースとは?



毛周期に合わせた通院ペースを守ることが重要

出来ることであれば、なるべく短い期間で、早めに脱毛を終わらせたいものですよね。
しかし、頻繁に通えば脱毛が早く終わるというわけではないのです。


それは毛が生まれてから抜けるまでのサイクルである「毛周期」が関係しています。
レーザーは今生えている毛にしか反応しないことから、毛周期に基づき、1回目の脱毛時に生えていなかった毛が生えるのを待ってから、2回目のレーザー照射を行います。


毛周期について、もっと詳しい説明は下記の記事をご覧ください。

脱毛間隔が長い理由は「毛周期」にあった!keyboard_arrow_right


次の毛が生えるまで待つことにもどかしさを感じるかもしれませんが、毛周期を考慮したレーザーの照射こそ、脱毛をより早く効率的に終わらせるための鍵となります。
しかしこの毛周期、各部位によってサイクルが異なります。
毛周期を考慮したうえでの、各部位の効率的な照射ペースを見ていきましょう。



顔脱毛のベストな照射ペースはどれくらい?


顔脱毛は、1か月~2か月に1度の照射ペースが効率的です。
その理由は顔の毛は、生えてから抜けるまでの毛周期が、約1ヶ月程であることが関係しています。
一般的に毛周期は、毛が濃い部分より薄い部分の方が短くなります。
顔は産毛が多く生える箇所であることから、身体の中でも特に毛周期が短いのです。


注意点として、脱毛後に日焼けをしてしまうと、シミなどの肌トラブルのほかに、脱毛時の痛みや火傷のリスクから、レーザー照射を断られる可能性があります。
照射ペースが乱れる原因に繋がるので注意しましょう。


ワキ脱毛のベストな照射ペースはどれくらい?


ワキ脱毛は、2か月~3か月に1度のペースが効率的です。


前述の顔脱毛の期間と比較すると、少々間隔が空くことから、その間に生えてくるムダ毛を自己処理される方もいらっしゃいます。
その際に毛抜きを用いた自己処理は避けてください。
医療レーザーは、毛根にあるメラニン色素に反応する性質を利用した脱毛法です。
毛を完全に抜いてしまうと施術の効果が低減してしまい、脱毛完了までの期間が延びてしまうことになります。


必ずシェーバーで自己処理を行うよう注意してください。


腕・脚脱毛のベストな照射ペースはどれくらい?


手足の脱毛は、2か月~3か月に1度のペースが効率的ですが、照射ペースに個人差が現れやすい箇所でもあります。
それは、手足のムダ毛の濃さは均一ではなく、個人差も大きい部位だからです。


なぜムダ毛の濃さによって照射ペースに差が現れるのか気になりますよね。
一般的に毛が濃い部分と薄い部分では、濃い毛の方がレーザーに反応しやすいです。
その理由は医療レーザー脱毛の仕組みが、毛根にある黒い色素(メラニン)に反応して脱毛することと関係しています。
しかし産毛などの薄い毛はその黒い色素が少なく、脱毛機のレーザーが反応しづらいので、効果を感じにくいことがあります。


このような観点から、濃い毛と薄い毛の両方が生える手足の脱毛は、部位や人によって照射ペースが異なる可能性があるのです。


VIO脱毛のベストな照射ペースはどれくらい?


VIO脱毛は、3~5か月以内に1度のペースが効率的です。
他の部位と比較して照射間隔が長めですが、これには理由があります。


VIO部位に生えるムダ毛は、「性毛」と呼ばれ、思春期になると生えてくる毛に分類されます。
性毛は、硬くて太い毛が密集しており、毛周期が長い点が特徴です。
よってレーザー照射をする間隔も長くなるのです。


そしてデリケートゾーンを脱毛する際は、生理周期を考慮したうえでの脱毛の予約が必須となります。
生理中に脱毛施術が受けられるかどうかは、各クリニックによって方針が異なることから必ず事前に確認をとることをおすすめします。


医療レーザー脱毛の施術経過



医療レーザー脱毛では毛周期を考慮した予約が大事

部位ごとの毛周期のペースを守って、医療レーザー脱毛の施術を受けると、その効果をより感じやすくなります。


毛周期のペースを守りながら、施術を受けていく中で、どの段階でどれほどの効果が出るのかが気になる点ですよね。
医療レーザー脱毛の経過には部位や個人によって差がありますが、多くの方は下記のような経過をたどっています。


  • 1回目~2回目:自己処理の頻度が減る

  • 3回目:毛量が減り始めたことを実感

  • 4回目:毛量がかなり減った感覚

  • 5回目:ほとんど毛がなくなる


どの時点で「脱毛完了」とするかは人それぞれです。
「産毛だけならもう気にならない」という方もいれば、「つるつるの無毛になりたい」という方もいらっしゃいます。それによって通院回数や期間が変わってきます。


また医療レーザー脱毛の効果を最大限に発揮するために、以下の脱毛後のケアを怠らないことも重要です。



これらのケアをしっかりと行うことで、脱毛後の敏感な肌を守ることができ、ペースを乱すことなく医療レーザー脱毛を続けることができます。


できるだけ早く脱毛を終わらせるための
マリアクリニックの取り組み



医療レーザー脱毛の効果を最大限に発揮するためのマリアクリニックの取り組み

脱毛完了までの期間を短くしたいのであれば、通院間隔を短くするのではなく、通院回数を減らす方が効果的です。


マリアクリニックでは、1回の脱毛でできるだけ効果を出し、少ない回数で脱毛を終えていただけるよう取り組んでいます。
その取り組みの一つが、数種類の脱毛機の導入です。お一人おひとりの毛質、肌質に合わせて脱毛機を選択しています。


もう一つは、実績数を活かした脱毛ノウハウです。
開院10年以上でこれまで積み重ねてきた多様な症例実績を活かし、患者さまお一人おひとりに寄り添った提案、サポートをしております。
今後もさらなる脱毛技術の向上を目指しています。


できるだけ早く脱毛を終わらせたいお気持ちは皆さん共通だと思います。
最大限効果を出せるよう精一杯サポートさせていただきますので、医療レーザー脱毛をご検討の方は、まずは一度カウンセリングでご相談ください。



コラムで皆さんのお悩みは解消されましたか?
もっと脱毛について情報を集めたい方は、ぜひ各部位のページをご覧ください。
料金はもちろん、部位ごとの脱毛するメリットや体験談、よくある質問を掲載しております。


先頭へ