メニュー 閉じる

脱毛と色素沈着の関係

脱毛と色素沈着の関係

色素沈着の原因はカミソリや毛抜き?


カミソリや毛抜きでムダ毛を自己処理するのは、最も手軽な方法のようにも思えます。しかしカミソリの刃を肌にあてるということは、毛を剃ると同時に、肌の表面を削り取ってしまうことにもなります。また毛抜きで無理に、毛穴の中からムダ毛を引き出すことでも、肌へダメージが加わることでしょう。
そしてこのような肌への刺激により軽度の傷跡ができると、それが後に色素沈着へ発展することがあります。


例えば、ムダ毛を自己処理している肌で、毛穴が黒くブツブツと目立ってはいませんか?それこそまさに、カミソリや毛抜きにより、肌がダメージを受けている証です。
またカミソリや毛抜きだけでなく、脱毛テープや除毛クリームを使用した場合にも、薬剤による刺激で肌表面を傷つけやすくなります。


肌への刺激が色素沈着に発展するのは、一体なぜだと思いますか?そのメカニズムを解説するとともに、今回はムダ毛処理による色素沈着の対処法、肌への負担が少ない医療脱毛の特徴について解説いたします。


色素沈着ができるメカニズム



色素沈着ができるメカニズム

肌に傷痕や炎症ができると、黒ずみが残ることは珍しくありません。よくあるケースだと、かさぶたが取れても傷痕だけが残ってしまうというもの。これもカミソリや毛抜きなど、ムダ毛の自己処理で起きた色素沈着と同じメカニズムで発生しています。


というのも、肌に炎症や傷痕、火傷などの刺激を受けると、皮膚内部では肌を守るために、メラニン色素が生成されるというメカニズムが働いています。紫外線による日焼け肌も、軽い火傷状態になることからメラニン色素が生成された結果によるものです。


ただし、本来であれば皮膚内で生成されたメラニン色素は、ターンオーバーと共に排出されます。しかしながら、ターンオーバーが滞っている肌状態や、紫外線をさらに浴びることでメラニン色素が新たに生成され、ターンオーバーがその処理に追いつかないこともあります。すると、傷が治っても、メラニン色素だけが肌に残ってしまうわけです。


特にカミソリや毛抜きなど、ムダ毛の自己処理でできた色素沈着の場合、定期的に繰り返される自己処理による小さな傷が積み重なっている状態にあります。つまり、傷痕がつく都度に生成されたメラニン色素が排出されきれず、黒ずみとなっていることが想定されるでしょう。



医療レーザー脱毛は色素沈着しにくい



医療レーザー脱毛は色素沈着しにくい

ムダ毛の自己処理による色素沈着を予防するためには、「肌に傷をつけない」ということが何よりも大切となります。自己処理で肌にダメージを与え続けていては、色素沈着の解決は遠ざかるばかりになってしまいます。
とはいえ、ムダ毛を残すという選択肢は、これまで自己処理を続けて美しさを維持してきた人にとっては、耐えがたいことでしょう。そこで、医療レーザー脱毛という選択肢をおすすめします。


医療レーザー脱毛とは、医療用に開発されたレーザーを照射することで、脱毛効果はもちろん、毛が生えない効果をもたらす施術です。
レーザーを肌に照射するというと、それもまた肌への刺激となるように感じるかもしれませんが、医療レーザーはメラニン色素の黒い色にのみ反応するメカニズムを持っているため、毛が育つ上で要となる「毛根部だけ」にピンポイントでレーザー熱を与えることができます。そのため、皮膚表面を傷つけることはありません。


また医療レーザーは、メラニン除去をする効果があるため、メラニンを原因とするシミ治療にも活用されています。つまり、医療レーザー脱毛を続けることで、これまでにできた黒ずみを薄くする効果も期待できるのです。



なかなか消えない色素沈着も美容医療で解決


医療レーザーにメラニン色素を除去する効果が期待できるとお話しましたが、既に起こってしまった色素沈着を効果的に薄くするためには、高い美白効果が評価を得ている「ハイドロキノン」などの内服薬で、身体の内側からアプローチすることもお勧めです。


肌の漂白剤とも言われるほど、高い効果を持つハイドロキンは、色素沈着を薄くすることはもちろん、新たなメラニン色素の生成を抑制する効果も持っています。


医療レーザー脱毛ではなく、全般的な美容医療に取り組む当院でも、美白効果を持つ内服薬を処方することができますので、ぜひお気軽にご相談ください。
あなたの肌状態に合った、色素沈着の改善策をご提案いたします。


色素沈着を濃くしないための
注意点と対策


医療脱毛をするかしないかに関わらず、すでにできてしまった色素沈着が濃くなる可能性も潜んでいます。
その可能性と必要な対策について、一つずつ確認していきましょう。


紫外線に要注意



脱毛前は紫外線に要注意<

紫外線を浴びるということは、既に色素沈着になっている部分に更なる刺激を与えることになります。すると、メラニン色素がさらに生成し、上書きをするように肌に存在するメラニンが濃くなることで、色素沈着も濃くなる可能性があります。


また医療レーザー脱毛期間中は特に、紫外線対策を強化したいところです。なぜなら日焼け肌に医療レーザーを照射すると、メラニンが強く反応するため、肌の火傷や炎症につながることがあるからです。


さらに日焼け肌は、乾燥もしやすくなるため、肌のバリア機能も低下する傾向にあります。すると肌は敏感になり、傷つきやすい状態に。これによって、小さな刺激で肌が傷つくリスクも高まることが考えられます。


日焼け肌では脱毛できないって本当?keyboard_arrow_right


肌への刺激を避ける



脱毛前は肌への刺激を避ける

日常生活の中では、肌に刺激を与える機会が意外とあります。
例えば、アカスリタオルなど、材質が荒いタオルで強く身体を洗うと、肌に摩擦が加わり、少しひりひりすることもありますよね。こうした行為でも、肌に負担がかかり、小さな傷がつく可能性があります。
他にも、肌がヒリヒリするような肌に合わないメイク用品は、人によって刺激となり、肌機能が衰える原因にもなりかねません。


ただし、スキンケアは重要です。
色素沈着を起こした肌部分は、ターンオーバーの力が低下している可能性も考えられます。肌が本来の力を持つためにも、十分な保湿を行うことで、肌状態を整えましょう。


こうして刺激に負けないバリア機能を持った健やかな肌を維持することが、色素賃沈着の予防に繋がることでしょう。



色素沈着のお悩みや脱毛をご検討の方はご相談ください


マリアクリニックはこれまでに、あらゆる肌状態への医療レーザー脱毛の症例を経験していきました。ご自身のムダ毛処理による色素沈着でお悩みのお肌への脱毛施術も、その一つです。


あなたを悩ます色素沈着を繰り返さないためにも、医療レーザー脱毛で自己処理の必要がないスベスベ肌を実現しませんか?


そして、既にできてしまった色素沈着の解決についても、取り組んでいきましょう。
医療レーザー脱毛について、さらに色素沈着について、気になる点はぜひお気軽に、マリアクリニックまでご相談ください。


先頭へ