メニュー 閉じる

医療脱毛にリスクやデメリットはあるの?

医療脱毛にリスクやデメリットはあるの?

現在では、すっかり身近な存在となっている、「医療脱毛」。面倒なムダ毛処理の必要がなくなる永久脱毛が実現できるなど、魅力的なメリットが目に入る一方で、リスクやデメリットが心配になり、一歩踏み出せないという方も少なくはないことでしょう。


ではその実態は、どのようなものなのか。まず第一に、医療脱毛は、身体に影響を及ぼす施術ではありません。つまり、医療脱毛をしたからと言って、身体の不具合につながることは考えにくいのです。また、「医療脱毛をしなければ良かった」というような、医療脱毛を後悔する意見もほとんどないという点は、医療脱毛が世間で高く評価されているということが推測できます。


ただし、リスクが全くない、というわけでもありません。その名の通り、医療脱毛は“医療行為”のため、肌質や毛質などのコンディション、さらには施術者の技術力など、あらゆる観点でリスクが生じる可能性も否定できないのです。


では、よりリスクやデメリットの少ない医療脱毛を実現させるためには、どうするべきか。そこで大切になるのは、「信頼できるクリニックを選ぶ」ということです。


そのポイントを詳しく知るためにも、まずは医療脱毛のリスクとデメリットとしっかり向き合ってみましょう。


医療脱毛には、どんなリスクがあるの?


医療脱毛は、「誰が施術をしても、同じ」と考える方もいらっしゃいます。しかし、クリニックそれぞれ、そして医師一人ひとりに個性があるがゆえに、技術面、衛生面、対応の面など、あらゆる角度で施術の差が生じることは確かです。
そのため、それらすべての面で信頼できるクリニックを見つけることが、リスクの発生率も低くする大事なポイントに。


とはいえ、そもそも医療脱毛のリスクとは、どのようなものなのか。その特徴から、ご説明いたします。


1.肌トラブル


医療レーザー脱毛は、熱ダメージにより、毛根や発毛組織を破壊するメカニズムを持っています。つまり、医療レーザー脱毛をすると、皮膚に多少の熱が加わることに。ただし、医療レーザーは、医療的観点から効果はもちろん、安全性を十分に考慮して開発されているため、レーザーの熱による皮膚へのダメージは、最小限と言えます。


しかしながら、肌質や毛質は、人それぞれ。さらに施術のスキルも、個々に差が生じてしまいます。そのため、レーザーを照射する角度や、出力(パワー)によっては、レーザー熱が皮膚に軽いヤケドを負わせてしまうこともあります。


そのため医療脱毛では、個人の肌質や毛質をしっかり見極め、適切な出力で皮膚へのダメージを考慮しながら施術を行うスキルがとても重要となります。この点マリアクリニックでは、ジェントルレーズ・ソプラノ・YAGレーザーと特徴の異なる3つの機種を、患者様に合わせて使い分けています。これによって、その方にとって最適な医療脱毛を実現しているのです。


また医療レーザーの熱が加わった皮膚は、通常時よりも多少敏感になっていることから、施術後のしっかりと保湿などの肌ケアをしなければ、湿疹や赤みなどの肌ダメージにもつながりかねません。


さらに紫外線による日焼けも敏感になっている肌へ、さらなる熱を加えることになるため、要注意。そもそも日焼けは、肌に軽いヤケドを負わせている状態になるため、肌へのダメージはとても強いと言えます。この点から考えても、敏感な肌への影響を考え、しっかりと日焼け対策をされることをお勧めします。


特に元々肌が弱い方の場合、保湿や日焼け対策などのアフターケアは、より一層重要となります。施術の際にも、十分に考慮して行いますので、肌が弱い方は事前に医師、スタッフまでご相談ください。


医療脱毛後のアフターケアについて詳しくはこちらkeyboard_arrow_right


2.硬毛化


硬毛化とは、レーザー照射により、毛が濃く太くなる現象のことを言います。主に照射の熱量不足により起こる現象です。


【硬毛化になりやすい部位】
産毛の多い部位

産毛のように細く、色も薄い毛は、レーザーが反応するメラニン色素が薄いため、毛にしっかりと照射熱が加わらず、熱量不足により硬毛化する可能性が高いと言えます。


ただし、これら産毛の多い部位であっても、硬毛化のリスクを軽減することはできます。というのも、現在では、産毛の脱毛にも適したメカニズムを持つ医療レーザー機種も開発されているからです。つまり、施術部位の毛質肌質に合った、医療レーザー機種を導入しているクリニックを選ぶことでも、リスクの発生を減らすことができるのです。


3.施術代が高額


「脱毛」というと、高額な医療脱毛に対して、手頃な価格の「エステ脱毛」と比較する方も多いのではないでしょうか? 確かにエステ脱毛の広告を見る限りでも、食事料金のような低価格が記載されていることもありますよね。一方、医療脱毛の料金表を見ると、少し敷居が高く感じるような高額な施術代金が目に留まります。


ただしエステ脱毛の広告に書かれている価格は、1回あたりの料金、もしくは最低限の施術回数の場合を想定したものが多いと言えます。そのため、「実際に通ってみると、総額は意外と高かった」というケースも珍しくありません。なぜなら、エステ脱毛は、医療脱毛に比べると1回あたりの照射パワーが弱いことから、医療脱毛よりも多く施術を行う必要があるからです。


また、そもそもエステ脱毛は、「永久脱毛効果」をもたらす施術ではないことから、施術でツルツルになったとしても、それは一時的なもので、一定期間が経つと毛は再生します。つまり、せっかく施術を受けても、毛が生えてきてしまうため、再度脱毛を受ける必要性も出てくるのです。


こう考えると、永久脱毛が可能な医療脱毛の施術代金は、ただ高額なだけではなく、総合的に価値のある永久的な結果を作り出すものと言えるのではないでしょうか。


医療脱毛の料金相場って?keyboard_arrow_right


4.ヒゲ脱毛など、剛毛な部位の痛み


大人気のヒゲ脱毛をはじめ、今や男性が医療脱毛を受けるというのは珍しいケースとは言えない時代に突入しています。ただし男性が医療脱毛を受ける際、多少のデメリットと感じる点もあります。それは、男性の体毛が、太く濃い傾向にあるため、医療レーザー脱毛による痛みを感じやすいという点です。


特に男性の人気脱毛部位でもあるヒゲや足などは、毛が剛毛であることから、痛みを強く感じることも。なぜなら、医療レーザーは、黒いメラニン色素に反応するため、太くメラニン色素が濃い毛に強く反応するのです。


ただし出力が弱いエステ脱毛に比べると痛みは多少強いものの、痛みを感じやすい剛毛な部位であっても、我慢ができないほどの強い痛みを感じることはありません。また当院では、必要に応じて局所麻酔を使用するなど、痛みへの十分な配慮の上、施術を行います。痛みに弱い方も、ご安心ください。





これらの肌トラブルはいずれも、稀に発生する事例です。そして、これらリスクの発生を軽減するため、皮膚や毛のメカニズムを熟知した医師、看護師が、その方に合った施術を見極め実施いたします。

また万が一このような肌トラブルが発生した際にも、医療脱毛だからこそ適切な処置を行うことができるので、安心してお任せください。


医療脱毛ができない人の特徴とは?


多くの方が選ぶ医療脱毛ではありますが、施術を受ける方の状態、肌質、体質などによっては、医療脱毛の施術ができないケースもあります。
具体的に、医療脱毛ができない人には、どのような特徴があるのか、詳しくご説明いたしましょう。


妊娠・授乳中の人


大前提として、医療レーザーは、毛根のある真皮層に届くメラニズムを持っているため、それ以上の身体の内部に影響を与える、という臨床結果は報告されていません。そのため妊娠中や授乳中の方の脱毛施術をお断りする理由として、胎児や授乳に悪影響を及ぼすなどの要素があるわけでは決してないのでご安心ください。


ではなぜ、妊娠中、授乳中は医療脱毛を控えるべきなのか。それは、妊娠中や授乳中のホルモンバランスと関係しています。


実際、ホルモンバランスにより肌や体への影響の変化を実感したことがある方も多いのではないでしょうか? 例えば、生理中に眠くなったり、肌荒れをしやすくなったりというのも、その傾向と言えます。


そして、月経が止まる妊娠中になると、ホルモンバランスによる体への影響は、より一層強くなり、敏感肌になったり、一時的に毛が濃くなったり、毛周期が乱れたりと、脱毛施術に影響を与える変化もみられるわけです。


この点から医療脱毛では、ホルモンバランスが不安定な妊娠中、授乳中の施術はお断りしています。
また万が一、医療脱毛期間中に妊娠をされた場合にも、出産後、さらには授乳終了後など、ホルモンバランスが通常の状態に整ったころ、医療脱毛を再スタートされるようご案内しております。そのため、コースの途中で妊娠が判明した際には、すぐに医師、スタッフまでご相談くださいませ。


日焼けしすぎている人


繰り返しになりますが、医療レーザー脱毛は、毛に含まれるメラニン色素にレーザーが反応することで、熱ダメージを与えるメカニズムを持っています。一方、体内でメラニン色素を含んでいるのは、毛だけではありません。
そもそもメラニン色素は、皮膚に加わるダメージから肌を守るために、メラノサイトが活性化することで発生する成分です。


そのため、紫外線を大量に浴びた日焼け肌は、皮膚を守るために、過剰発生したメラニン色素による色素沈着ということに。すると、皮膚に含まれるメラニン色素にレーザーが過剰に反応し、ヤケドや炎症などのリスクを負う可能性も考えられます。


ただし、日焼けをしているからと言って、絶対に医療脱毛ができないというわけではありません。実際マリアクリニックの場合、日焼け肌の方でも安心して施術できる医療レーザー機種を用意しております。そのため、多少の日焼けであれば、医療脱毛を行えることもあるのです。


その程度については、医師の診断の元、施術可能な範囲かどうかを見極めていきましょう。


どうして日焼け肌には脱毛できないの?keyboard_arrow_right


光アレルギーがある人


アトピー性皮膚炎など、肌のアレルギー体質を心配して、医療脱毛を躊躇される方もいらっしゃいます。とはいえ、アトピーや敏感肌の方であっても、特に炎症が強い時期を除けば、無理なく脱毛を受けていただくことができるので、ご安心ください。


ただし、医療脱毛を控えるべき、アレルギー症状もあります。それは、「光アレルギー(紫外線アレルギー)」。


とはいえ、医療レーザーから発する光は、紫外線とは性質が異なるものです。そのため、光アレルギーだからといって、必ずしも医療レーザーで症状が出るとは限らないのですが、紫外線のみにではなく、「光」に反応する体質を持っている場合、何らかのリスクが発生する可能性も否定できません。


そのため、まずは医師にご相談の上、アレルギーの程度や、体質に適したレーザー機種があるかなど、対策を考える必要があります。


クリニックでは事前にリスクをご説明します





クリニックでの脱毛施術は、ご来院されてすぐに行うわけではありません。丁寧なカウンセリングはもちろん、一人ひとり異なる肌の状態をしっかりと見極め、考えられるリスクはどのようなものか、そもそも脱毛ができるのかを判断いたします。そのうえで、考えられるリスクについて説明を行い、納得の上で施術をスタートさせるというのが、一般的な医療脱毛の流れです。


また敏感肌や肌が弱くて心配な方、アレルギー体質な方でも、その程度によって問題なく脱毛を行っていただけるため、まずは医師までお気軽にご相談ください。


さらに施術はもちろん、ご自宅に戻られてからのアフターケアなどもご案内いたします。医療機関で受ける脱毛施術だからこそ、施術前、施術後のフォローも欠かしませんので、ご安心ください。



医療脱毛をするならマリアクリニックで!


マリアクリニックの医療脱毛は、高い評価をいただいております。これは、患者様第一に考えたマリアクリニックの心がけが認められた証であり、誇りだと感じています。


カウンセリングから脱毛施術、アフターケアまで、患者様第一のこだわりを徹底するマリアクリニックならではの医療脱毛を、ぜひご体験ください。


まずはお気軽に、ご相談くださいませ。



コラムで皆さんのお悩みは解消されましたか?
もっと脱毛について情報を集めたい方は、ぜひ各部位のページをご覧ください。
料金はもちろん、部位ごとの脱毛するメリットや体験談、よくある質問を掲載しております。


先頭へ