メニュー 閉じる

脱毛中でもできる“正しい自己処理”とは

脱毛中でもできる“正しい自己処理”とは

医療脱毛を受けている間は自己処理の必要がないと思っていませんか?
医療脱毛は1度施術を受ければ、永久脱毛になれるというものではないため、脱毛期間であっても一定の期間は自己処理が必要なのです。


脱毛期間の自己処理は正しい方法で行う必要があり、間違った方法で行うと、満足のいく脱毛効果が得られない場合があります。


今回はそんな自己処理について、詳しく解説いたします。


そもそも自己処理には
どんな方法があるの?


自己処理と一口に言っても、その種類は様々です。ここではそれぞれの特徴について簡単に解説いたします。


自己処理方法の一覧


方法特徴
カミソリカミソリを使って毛を剃る自己処理で、他の方法よりも毛が伸びてくるのが早い方法です。この方法は毛根を残した状態でムダ毛の処理ができるので、脱毛前の自己処理としても有効です。
電気シェーバー電気シェーバーを使った、もう一つの毛を剃る自己処理の方法です。
深剃りが難しく、細かい部分の自己処理には向かない方法ですが、カミソリと違って刃が肌に直接当たらないため、肌へのダメージを抑えて自己処理ができます。
毛抜きピンセットで毛を抜く自己処理の方法です。毛を根本から抜くため、ムダ毛のない状態が長持ちしますが、自己処理をする際に痛みが伴う方法でもあります。
ブラジリアンワックス気になる部分にワックスを塗り、数分後に剥がすことでムダ毛を処理する方法です。毛抜きよりも一度に広範囲の脱毛ができます。
除毛クリーム気になる部分にアルカリ性の薬剤を塗り、数分後に洗い流すことでムダ毛を処理します。肌への刺激が強い薬品を使うため、肌が敏感な方が使用するとかぶれや赤みに発展する場合があります。

自己処理は肌トラブルにつながることも…


自己処理は大変手軽ですが、継続して行うと肌や毛穴を傷つけてしまいます。このダメージが原因で、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。


では実際、自己処理によって起こる肌トラブルとはどんなものがあるのでしょうか。


埋没毛(まいぼつもう)


埋没毛とは、カミソリや除毛クリームによるダメージにより毛穴がふさがり、皮膚の内側に埋もれてしまった毛のことを指します。埋もれた毛は自然に排出されることもありますが、そうならなかった場合、色素沈着や毛嚢炎に発展する恐れがあります。


毛嚢炎(もうのうえん)


毛嚢炎とは、毛抜きなどが原因で肌のバリア機能が低下し、ニキビのような赤い吹き出物ができる肌トラブルの一種です。重症化した場合、痛みや化膿につながることもあります。


色素沈着・黒ずみ


主にシェービング時の摩擦といった強い刺激が肌に加わることにより、刺激から肌を守ろうとして皮膚内にメラニンが発生します。そのメラニンが原因で、黒ずんだような色素沈着を起こす場合があります。


乾燥による肌荒れ


カミソリや除毛クリームによる肌のダメージは肌を傷つけてしまいます。このダメージが原因で肌の水分が不足していき、乾燥につながります。水分が少ないことで肌はデリケートな状態になるため、ちょっとした刺激でかゆみやかぶれといった「肌トラブル」につながってしまうのです。


このように自己処理を続けると、肌を傷つけてしまい、肌トラブルに発展する恐れもあります。確かに医療脱毛は永久脱毛に最適ですが、1回で施術が完了しないため自己処理が必要です。しかし間違った方法で行うと脱毛効果が得られないため、正しい方法で行う必要があるのです。

なぜ医療脱毛を始めても
自己処理が必要なの?


そもそも、なぜ医療脱毛は1回で施術が完了しないのでしょうか?
ここではその理由と脱毛中の自己処理の注意点について解説いたします。


医療脱毛の仕組みについて



医療脱毛の仕組み

レーザー脱毛は施術を複数回受けることで、徐々に毛が薄くなっていき、最終的に永久脱毛になる仕組みです。施術が複数回必要な理由は、毛の生え変わり周期である「毛周期」にあります。


毛周期は毛が育つ「成長期」、成長が止まり毛が抜け落ちるまでの「退行期」、発毛が止まる「休止期」の3つがあり、2~3か月かけて一周する仕組みになっています。レーザー脱毛はその内、成長期の毛に対して効果を発揮します。しかし成長期の毛は全体の毛の約20%ほどです。そのため、施術完了までは回数にして5~6回ほど、期間にして約1年ほどかかるのです。


医療脱毛の仕組みについて詳しくはこちらkeyboard_arrow_right



脱毛前の自己処理はなぜ必要?



医療脱毛の前の自己処理はなぜ必要?  /><br />
</div><div class="col-xs-12 col-sm-8"><br />
<p>レーザー脱毛を行う場合、ムダ毛が長いとレーザーがムダ毛のメラニンに反応し、効果が毛根に届く前に分散されてしまいます。その結果、十分な脱毛効果が得られなくなってしまうのです。</p><br />
<p>また毛が長い状態でレーザー脱毛を受ける場合、レーザーの照射レベルを上げなくてはなりません。その際、肌への負担が大きくなってしまうので、強い痛みに発展してしまうこともあります。</p><br />
<p>これらの不安要素をなくすためにも、医療脱毛前の自己処理は重要なのです。</p><br />
</div></div><br />
<h3>絶対NGの自己処理ってなに?</h3><br />
<div class="clearfix"><div class="col-xs-12 col-sm-4"><br />
<img src=

脱毛期間中は、ムダ毛を毛根ごと抜く毛抜きとブラジリアンワックスを行ってはいけません。


レーザー脱毛は毛根がない状態で行っても効果は全く現れません。しっかりと脱毛効果を得るためにも、これらの自己処理はやめましょう。



ベストな自己処理のタイミングとは



脱毛前の自己処理のタイミング

マリアクリニックでは医療レーザー脱毛前の自己処理のタイミングとして、施術を受ける1~2日前に行うことを推奨しています。


自己処理は、肌を一時的にデリケートな状態にします。その状態でレーザー脱毛を行ってしまうと、術後の肌荒れなどに発展してしまう恐れがあるからです。


肌荒れのリスクを避けて、しっかりと脱毛効果を実感してもらうためにも、このタイミングがベストと言えます。



マリアクリニックがおすすめする
自己処理の方法は?


医療脱毛前の自己処理で大切なのは「毛根を残す」ことと「肌に優しい」という2点です。これらを抑えた自己処理の方法を紹介いたします。


電気シェーバーが一番!



自己処理には電気シェーバー

マリアクリニックでは「毛根を残す」という観点から、カミソリや電気シェーバーによるシェービングをおすすめしています。


特に電気シェーバーはカミソリに比べて、肌への負担が少ないため比較的安全な自己処理が可能です。そのため、脱毛期間の自己処理としても当院ではおすすめしています。



シェービングをする際の注意点


シェービングは、清潔な肌・道具・場所で行うことが大切です。


シェービングをすることで肌を守る役割である角質も削ぎ取ってしまいます。万が一、肌や道具に雑菌が残っていた場合、傷ついた部分から皮膚内に雑菌が侵入し、思わぬ感染症につながることがあります。


感染症のリスクを避けるためにも、必ず清潔な環境でシェービングするように心がけましょう。


医療脱毛の効果を高めるためには


医療脱毛は自己処理や保湿ケアによって、肌トラブルのリスクを避け、脱毛効果をさらに高めることができます。以下のポイントを抑えて、より安全に、キレイに永久脱毛をしましょう。


脱毛期間は毛抜きはやめましょう!


毛根がない状態でレーザー脱毛を受けても、レーザーが毛根のメラニンに反応しないため、脱毛効果が全く得られません。さらに、毛を抜いてしまうことで、毛周期が狂ってしまうので、永久脱毛までさらに長い期間が必要になってしまいます。せっかくの費用や時間が無駄になってしまうのは嫌ですよね?このようなことを避けるためにも、絶対に毛抜きはやめましょう。


脱毛・自己処理後の肌には、十分な保湿ケアを


自己処理や医療脱毛を行った後は、肌がダメージを負っているため普段よりも敏感になっています。その状態で放置していると、後々肌荒れなどに発展する場合があります。このような肌トラブルを避けるためにも、脱毛や自己処理の後は十分に保湿を行い肌を落ち着かせましょう。


医療レーザー脱毛に必要なアフターケアって?keyboard_arrow_right


自己処理が不要な肌にするためには



自己処理が不要な肌にするためには

今回は自己処理について解説いたしました。


今回解説した通り、自己処理のやりすぎは負担が大きくなり、様々な肌トラブルに発展するリスクがあります。


そんなリスクを解消し、日々の面倒な自己処理から解放されるためにも、クリニックの医療レーザー脱毛で行う永久脱毛がおすすめです。


当院では患者様の肌質や毛質に合わせて脱毛するだけでなく、術後の保湿ケアや脱毛期間中の自己処理についてのアドバイスも行っています。肌質に不安がある方や、普段のケアの仕方に自信がない方なども、安心して永久脱毛を受けていただけます。


これを機に脱毛をお考えの方は、ぜひマリアクリニックへご相談ください。



先頭へ